フィルタリング

InterSafe CATS:27億以上を規制するウェブフィルタリングサービス--目視で確認

クラウド型ウェブフィルタリングサービスの「InterSafe CATS」は、有害サイトへのアクセスを制限し、情報漏えいを防止する。「アダルト」「ギャンブル」など合計82のカテゴリ別に27億以上が登録されている。

InterSafe CATSのポイント

  • ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理までをクラウドで行う
  • 社外に持ち出すデバイスもフィルタリングの機能が利用できる
  • 合計82のカテゴリ別に27億4385万コンテンツが登録されている

InterSafe CATSの製品解説

 アルプス システム インテグレーションの「InterSafe CATS」は、有害サイトへのアクセスを制限し、情報漏えいを防ぐクラウド型のウェブフィルタリングサービスだ。WindowsとiOS、Androidに対応。いずれも専用ツールをインストールして利用する。

編集部おすすめの関連記事

 一般的なウェブフィルタリングソフトと異なり、ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理までをクラウドで行うため、組織内に専用のサーバを導入する必要はない。専用サーバと通信する必要がないので、社外に持ち出すデバイスもフィルタリングの機能が利用できる。時間帯や曜日に応じてフィルタリングするサイトのルールを変更することも可能だ。

 アクセスを規制するウェブサイト(URL)のデータベースを同社が整備。専門家40人が、フィルタリングするウェブサイトを目視で確認。データベースに登録後、90日後に再度内容を確認し、修正や削除をしているという。データベースには「不法」「主張」「アダルト」「セキュリティ・プロキシ」「出会い」「ギャンプル」など合計82のカテゴリ別に27億4385万コンテンツが登録されているとしている。

 Windows版では、PtoPファイル共有ソフトやチャットソフトなどのアプリケーションの起動を規制する機能や、フィルタリングの対象あるいは対象外とするアプリケーションを指定する機能も搭載する。

 管理者向けには、ブラウザから組織内の端末を一元的に管理機能や、ユーザー別のアクセス履歴、アクセスグラフ、カテゴリ別アクセス履歴など10種類以上のレポート機能を提供する。

InterSafe CATSの特徴
InterSafe CATSの特徴(アルプス システム インテグレーション提供)
InterSafe CATSのまとめ
用途と機能クラウド型のウェブフィルタリングサービス
特徴専門家40人がフィルタリングするサイトを目視で確認。27億以上のコンテンツをフィルタリングする
税別価格 一般ライセンス:ユーザーあたり年間3000円(ユーザー数が5~99人の場合)から、ガバメントライセンス:ユーザーあたり年間2700円(同)から、アカデミックライセンス:ユーザーあたり年間2400円(同)から
導入企業宇宙航空研究開発機構(JAXA)、さなる(佐鳴予備校)、高木証券、ソフトバンクBB、上越教育大学附属中学校、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan