セキュリティ

ランサムウェア攻撃に備える--実施すべき10の対策

医療機関、学校、政府機関、そして多数の企業にとって、ランサムウェア攻撃がセキュリティの脅威として急速に拡大している。ここでは、ランサムウェア攻撃に備えるために実施すべきことを紹介する。

 従業員のメール受信箱に潜む脅威は、もはや「ナイジェリアの手紙」だけではない。医療機関、学校、政府機関、そして多数の企業にとって、ランサムウェア攻撃がセキュリティの脅威として急速に拡大している。この攻撃は、スピアフィッシングのメールを介して配信される非常に悪質なマルウェアにより貴重なデータ資産をロックし、その解除と引き換えに身代金を要求する。

 サイバーセキュリティ企業Carbon Black Enterprise ResponseのセキュリティストラテジストRick McElroy氏はこう語る。「われわれは今、ランサムウェアの種類と組織への侵入方法において、爆発的なイノベーションが起きているのを目の当たりにしている。巨大なビジネスで、攻撃者には投資に対する見返りがあり、事態は悪化する一方だ」

 ランサムウェアは何年も前から存在していたが、2015年に攻撃が急増した。米連邦捜査局(FBI)のインターネット犯罪苦情センターが発表した年次報告書によると、2015年に同局が受けつけた苦情は2453件で(損失額160万ドル以上)、前年の1402件から大幅に増えている。FBIによると、この数字は2016年も増加の一途をたどっているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3499文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan