勤怠管理・労務管理

Focus U タイムレコーダー:タブレットやICカードにも対応のクラウド型打刻管理システム

クラウド型打刻管理システムの「Focus U タイムレコーダー」は、タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できる。共有のPCやタブレットでの打刻にも対応している。

Focus U タイムレコーダーのポイント

  • タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できる
  • 共有のPCやタブレットなどから打刻する方法にも対応
  • 外部の勤怠管理ソフトと打刻データの連携ができる

Focus U タイムレコーダーの製品解説

 キャップクラウドの「Focus U タイムレコーダー」は、クラウド型打刻管理システムだ。タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できるため、ハードウェアの購入や導入のコストを抑えられる。従業員ごとに残業時間や休憩時間が異なっていても、複数の勤務パターンにも対応できる。

編集部おすすめの関連記事

 PCからは、初回だけIDとパスワードで認証し、ブラウザでタイムレコーダーをブックマークすることで次回からは打刻ボタンのクリックで打刻できる。毎回、IDとパスワードの認証でPCへのログインを打刻時間とすることもできる。

 共有のPCやタブレットでは、従業員ごとのIDとパスワードでの認証、所属する部署と名前を選択してからのパスワード認証で打刻できる。近距離無線通信(NFC)対応のAndroid端末、FeliCa対応ICカードでの打刻にも対応している。

 会社の拠点や店舗のほか、訪問先や常駐先、在宅勤務など、場所や状況に応じて打刻方式を選択できる。例えば、1人1台のPCを使っている状況であれば自分のPCから打刻できるように、工場や店舗など1人1台のPCを使っていないシーンでは入退出口に打刻用の共有PCやタブレット端末を設置する、といった具合だ。

 打刻情報はクラウドに送信される。管理者は全社の打刻状況をリアルタイムに把握できるので、仮に打刻ミスや漏れがあった場合でもすぐに対処できる。チェックや集計の作業を締日後に設定する必要がなくなり、担当者の負担軽減につながる。

 打刻データをもとに、さらに詳細な勤怠集計や計算が必要な場合は、「弥生給与」「就業大臣」「PCA就業管理」「クロノス」といった外部の勤怠管理ソフトと連携できる。

画面イメージ
画面イメージ(キャップクラウド提供)
Focus U タイムレコーダーのまとめ
用途と機能さまざまな打刻方式に対応したクラウド型タイムレコーダー
特徴タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できるため、ハードウェアの購入や導入のコストを抑えられる
税別価格初期費用はなし、30人までの場合で月額3000円
導入企業デイケア憩、中央フラワー、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「勤怠管理・労務管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]