勤怠管理・労務管理

Focus U タイムレコーダー:タブレットやICカードにも対応のクラウド型打刻管理システム

クラウド型打刻管理システムの「Focus U タイムレコーダー」は、タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できる。共有のPCやタブレットでの打刻にも対応している。

Focus U タイムレコーダーのポイント

  • タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できる
  • 共有のPCやタブレットなどから打刻する方法にも対応
  • 外部の勤怠管理ソフトと打刻データの連携ができる

Focus U タイムレコーダーの製品解説

 キャップクラウドの「Focus U タイムレコーダー」は、クラウド型打刻管理システムだ。タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できるため、ハードウェアの購入や導入のコストを抑えられる。従業員ごとに残業時間や休憩時間が異なっていても、複数の勤務パターンにも対応できる。

編集部おすすめの関連記事

 PCからは、初回だけIDとパスワードで認証し、ブラウザでタイムレコーダーをブックマークすることで次回からは打刻ボタンのクリックで打刻できる。毎回、IDとパスワードの認証でPCへのログインを打刻時間とすることもできる。

 共有のPCやタブレットでは、従業員ごとのIDとパスワードでの認証、所属する部署と名前を選択してからのパスワード認証で打刻できる。近距離無線通信(NFC)対応のAndroid端末、FeliCa対応ICカードでの打刻にも対応している。

 会社の拠点や店舗のほか、訪問先や常駐先、在宅勤務など、場所や状況に応じて打刻方式を選択できる。例えば、1人1台のPCを使っている状況であれば自分のPCから打刻できるように、工場や店舗など1人1台のPCを使っていないシーンでは入退出口に打刻用の共有PCやタブレット端末を設置する、といった具合だ。

 打刻情報はクラウドに送信される。管理者は全社の打刻状況をリアルタイムに把握できるので、仮に打刻ミスや漏れがあった場合でもすぐに対処できる。チェックや集計の作業を締日後に設定する必要がなくなり、担当者の負担軽減につながる。

 打刻データをもとに、さらに詳細な勤怠集計や計算が必要な場合は、「弥生給与」「就業大臣」「PCA就業管理」「クロノス」といった外部の勤怠管理ソフトと連携できる。

画面イメージ
画面イメージ(キャップクラウド提供)
Focus U タイムレコーダーのまとめ
用途と機能さまざまな打刻方式に対応したクラウド型タイムレコーダー
特徴タブレットやスマートフォン、PCなどを用いてさまざまな方式で打刻できるため、ハードウェアの購入や導入のコストを抑えられる
税別価格初期費用はなし、30人までの場合で月額3000円
導入企業デイケア憩、中央フラワー、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  2. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  3. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  4. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  5. 漏洩事件の3割、ウェブアプリへの攻撃が糸口に!?脅威トップ10を知り有効な対策を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]