メール サイバーソリューションズ

CyberMail:10万アカウントでも安定稼働する統合型メールサーバシステム

統合型メールサーバシステムの「CyberMail」は、大規模で高負荷な環境でも安定した稼働が可能だ。10万アカウント以上でも高速にメールを処理できる。

CyberMailのポイント

  • 大規模で高負荷な環境でも安定した稼働が可能
  • 配送状況を送信トレイに表示される配送状況と確認アイコンで把握
  • 機能全般を単一のウェブ管理画面から設定可能

CyberMailの製品解説

 サイバーソリューションズの「CyberMail」は、大規模で高負荷な環境でも安定した稼働が可能な統合型メールサーバシステムだ。10万アカウント以上でもシンプルなシステム構成で、高速にメールを処理できる。

編集部おすすめの関連記事

 送信したメールの相手先への配送状況を、送信トレイに表示される配送状況と確認アイコンで容易に把握できる。同一サーバ内であれば、別アカウントの既読、未読状況を把握でき、情報共有がなされているかを確認可能だ。

 メールサーバの設定やチューニング、アカウントの登録と変更、その他管理者の機能全般を単一のウェブ管理画面から操作できる。複数のドメインを管理可能なほか、サブドメインを複数用意している場合や子会社の別ドメインなどにも対応する。

 モバイル端末にも専用画面を用意している。閲覧から送受信、アドレス帳の呼び出しなどが可能だ。セキュリティを強化するため、管理者側がアカウントごとに利用をコントロールできる。

CyberMailの画面
CyberMailの画面(サイバーソリューションズ提供)
CyberMailのまとめ
用途と機能大規模で高負荷な環境でも安定した稼働が可能な統合型メールサーバシステム
特徴10万アカウント以上でもシンプルなシステム構成で、高速にメールを処理できる
税別価格100アカウントで95万円から
導入企業JFEシステムズ、東京工業大学、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan