クラウドサービス

複数「Googleアカウント」の管理--5つのヒントで上手に利用

「Google Apps」のユーザーなら、「Gmail」用の別アカウントを持っているだろう。グーグルのサービスをさらに活用できるよう、複数の「Googleアカウント」にログインして管理する方法を紹介する。

 Googleの各種製品とサービスを使っているユーザーなら、Googleアカウントを2つ持っていると思われる。そして、学校や職場で「Google Apps」を使っている人は、まず間違いなく2つ持っているはずだ(もちろん、皆さんをスパイして知ったわけではない)。

 Googleアカウントを2つ持つ理由は、おそらくGoogleもしくはGoogle Appsの管理者から許可されていない操作をしたいからだろう。例として、以下のような操作が考えられる。

  • 新アプリ「Google Spaces」を試したい:Googleは、Google Apps用アカウントでのログインを許可していない。
  • 「Google Play Music」のファミリープランに申し込みたい:「Google Apps for Work」用アカウントでは申し込めない。
  • 「Google Takeout」でデータをエクスポートしたい:Google Appsの管理者が許可していない可能性がある(筆者の教えている大学では、卒業時に自分のファイルを簡単にエクスポートできなくて面倒だと気付く学生が出た)。

 こうした目的から、最終的に2つ(または、それ以上の)Googleアカウントを持つことになる。以下では、複数アカウントの管理方法を説明しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2325文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan