CMS

ウェブサイトを“優秀な営業マン”に--明電舎、CMSで直帰率を改善

電気機器メーカーの明電舎は、ウェブサイトのリニューアルにあわせてコンテンツ管理システム(CMS)などを導入した。直帰率を改善することで、潜在顧客の掘り起こしや受注拡大へとつなげるのが狙いだ。

 発電システムでの真空遮断器や変圧器、鉄道での電気設備など数多くの分野で電気機器を開発、製造する明電舎(東京都)は、ウェブサイトのリニューアルにあわせてコンテンツ管理システム(CMS)やレコメンド機能などを導入した。課題だった直帰率の高さを改善することで、問い合わせの誘導から潜在顧客の掘り起こし、受注拡大へとつなげるのが狙いだ。

明電舎のウェブサイト
明電舎のウェブサイト

 1996年に同社初のウェブサイトを公開。当初は会社案内程度の情報しか掲載していなかったが、リニューアルとマイナーチェンジを繰り返していく中で、製品情報を拡充したりコーポレートイメージや自社の取り組みを表現したりと、情報技術の普及とともにその用途も多様化してきた。

 しかし、ウェブサイトを継ぎ足して拡張していった結果、「ほしい製品情報になかなかたどり着けない」「製品の情報量が少ない」「製品情報が更新されていない」「事業内容が分からない」といった状況に陥ってしまった。せっかく顧客がウェブサイトに訪問してもすぐに離脱してしまう状態で、当時のウェブサイト全体の平均直帰率は50%近くに及んだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1849文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]