モバイル スマートフォン Apple

「iPhone」が達した累計販売台数10億台--アップルの現状において意味すること

先頃、アップルが販売した「iPhone」の累計台数が10億台を超えた。非常に大きな節目だが、同社の現状においてこの数字が意味することを考える。

 先頃、Appleが販売した「iPhone」の累計台数が10億台を超えた。Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏が重要な節目となるその数字を発表したのは、米国時間7月27日のことだ。

 Cook氏は声明の中で、「当社が販売台数1位を目標にしたことは一度もない。一貫して目指してきたのは、違いをもたらす最高の製品を作ることだ。Appleの全従業員に対して、毎日世界を変えるのを助けてくれてありがとうと言いたい」と述べた。

 累計販売台数10億台というのは間違いなく立派な数字だが、実際にその数字に何か意味はあるのだろうか。iPhoneは現代のスマートフォン市場を特徴付ける役割を果たしたが、「Android」陣営の高性能な最新主力モデルにiPhoneが対抗できるのかどうか疑問視する声もある。

 最初に発売されたとき、iPhoneに対する評価は賛否両論だった。タッチスクリーンを採用したデザインを賞賛する者もいれば、価格の高さを嘲笑する者もいた。実際に2007年、当時MicrosoftのCEOだったSteve Ballmer氏はiPhoneを笑い飛ばした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1751文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan