クラウドストレージ Google

「Googleドライブ」を使って共同作業--ファイルやフォルダを共有するには

「Googleドライブ」を使ってファイルやフォルダに対して共同で作業をするのは非常に簡単だ。ここでは、その手順を紹介する。

 皆さんが「Googleドライブ」を使って共同で作業しているなら、同サービスの提供元であるAlphabetが共有作業をいかに容易にしているかを既にご存じだろう。Googleユーザーや非Googleユーザーを招待して、自分のドキュメントを閲覧または編集できるようにすることは、非常に簡単だ。ファイルやフォルダを右クリックし、「共有」を選び、プロジェクトで共同作業したい人を加えるだけだ。

 これらのプロジェクトに対して、好きな数だけユーザーを追加できる。だが、多数の人を追加しようとすると、その作業は面倒になりがちだ。特に、複数のチームを追加する場合はそうだ。Googleはその部分を考慮し、簡単にしている。

グループ向けの機能

 多くの人と簡単に通常の共有をするには「グループ」を使用する。そのため、「共有」フィールドでは、個人の名前の代わりにグループの名前を入力する。これだけだ。

 共有に特化したグループを作る必要がある時には、「Googleコンタクト」で次の手順を実行する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約963文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan