マーケティング

Zopim:ウェブで顧客に接客できるライブチャットツール--訪問者の行動を把握

ライブチャットツールの「Zopim」は、ウェブページを「接客できるお店」に変え、見込み客とリアルタイムにコミュニケーションを取れるようにする。ZendeskやSalesforceといった外部の顧客関係管理(CRM)ツールとも連携できる。

Zopimのポイント

  • ウェブでチャットを活用して顧客とリアルタイムにコミュニケーションする
  • チャットを表示したいページにタグを貼り付けるだけで利用できる
  • 外部の顧客関係管理(CRM)ツールとも連携可能

Zopimの製品解説

 「Zopim」は、ウェブでチャットを活用して接客できるようにするライブチャットツールだ。ウェブページを「接客できるお店」に変え、見込み客とリアルタイムにコミュニケーションを取れるようにする。

編集部おすすめの関連記事

 チャットを表示したいページにタグを貼り付けるだけで利用できる。ウィジェットのデザインや設置方法をカスタマイズした「J-ウィジェット PC」「J-ウィジェット スマホ」など、初期設定やカスタマイズも有償サポートで対応可能だという。

 訪問者のアクティビティを、直感的なユーザーインターフェースによってリアルタイムに把握できる。トリガー機能により、訪問者の行動に応じて400パターン以上の自動アクションを設定することも可能だ。

 ZendeskやSalesforceといった外部の顧客関係管理(CRM)ツールと連携できるので、より精細なカスタマーサポートを提供可能になるという。

Zopimのまとめ
用途と機能オンライン上でチャットを使った接客をできるようにするライブチャットツール
特徴ウェブページを「接客できるお店」に変え、見込み客とリアルタイムにコミュニケーションを取れるようになる
税別価格初期費用はなし、月額3780円から
導入企業ラッシュジャパン、野原産業、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]