情報漏えい対策 日立製作所

セキュアWebブラウジングソリューション:ブラウザを分離して情報漏えいを防止

「セキュアWebブラウジングソリューション」は、社内ネットワークの業務環境とは別のアプリケーション仮想化環境でブラウザを実行し、クライアントPCへ画面転送して利用する。インターネット経由での情報流出のリスクを軽減する。

セキュアWebブラウジングソリューションのポイント

  • アプリ仮想化環境でブラウザを実行、PCへ画面転送して利用
  • 社内ネットワークとインターネット接続環境を分離
  • インターネット経由での情報流出のリスクを軽減

セキュアWebブラウジングソリューションの製品解説

 日立製作所の「セキュアWebブラウジングソリューション」は、社内ネットワークの業務環境とは別のアプリケーション仮想化環境でブラウザを実行し、クライアントPCへ画面転送して利用する仕組みだ。

編集部おすすめの関連記事

 クライアントPCがインターネットに直接接続する必要がなくなるため、社内ネットワークとインターネット接続環境を切り分けたネットワーク構成を実現できる。インターネット経由での情報流出のリスクを軽減する。

 アプリケーション仮想化基盤「Citrix XenApp」に加えて、操作ログ収集、ファイル転送、マルウェア対策などのサブシステム、運用管理ポータル、運用支援ドキュメント、導入トレーニング、専用サポート窓口、システム稼働監視――といったソフトウェアやハードウェア、サービスで構成する。

 日立グループの資産として機器を設置して従量課金で利用する「マネージドサービス」、顧客企業の資産として一括購入する「統合プラットフォーム」の2種類がある。

セキュアWebブラウジングソリューションの仕組み
セキュアWebブラウジングソリューションの仕組み(日立製作所提供)
セキュアWebブラウジングソリューションのまとめ
用途と機能社内ネットワークとインターネット接続環境を分離するブラウザソリューション
特徴社内ネットワークの業務環境とは別のアプリケーション仮想化環境でブラウザを実行し、クライアントPCへ画面転送して利用する
税別価格 マネージドサービス(サービス名は「かんたんPrivateDaaS」):月額60万円から
統合プラットフォーム(サービス名は「Hitachi Unified Compute PlatformかんたんVDIモデル」):845万円から

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]