ウェアラブル Apple Samsung

世界スマートウォッチ市場、第2四半期は350万台出荷--32%の大幅減

IDCは、世界スマートウォッチ市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期の出荷台数は350万台で、前年同期の510万台に比べ32%も少なくなった。

 IDCは、世界スマートウォッチ市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期の出荷台数は350万台で、前年同期の510万台に比べ32%も少なくなった。

 特に目立ったのは、1位のApple。上位5ベンダーのなかで出荷台数を減らした唯一のベンダーだった。同市場の状況について、IDCモバイルデバイス担当シニア調査アナリストのJitesh Ubrani氏は、「ハードウェアの刷新された新モデルを期待し、消費者が2016年初めからスマートウォッチを買い控えている。さらに、『watchOS』は2016年後半になるまでアップデートされないとの見通しが、Apple Watchの既存モデルの販売を低迷させている」と述べた。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan