モバイル Apple サムスン電子 Samsung

2016年第2四半期の世界スマホ市場、出荷は0.3%の微増--買い控えで減少のアップル

IDCは、世界スマートフォン市場調査に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は3億4330万台で、前年同期の3億4240万台からほぼ横ばいの0.3%増だった。

 IDCは、世界スマートフォン市場調査に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は3億4330万台で、前年同期の3億4240万台からほぼ横ばいの0.3%増。

 出荷台数のトップは、前四半期から引き続きサムスン電子。「Galaxy S7」および「Galaxy S7 Edge」の好調が貢献し、シェアを伸ばしたという。

 2位もこれまで同様Appleだが、出荷台数の減少が目立つ結果となった。2016年秋に「iPhone 7」などと呼ばれる新モデルの発売が予想されているため、買い控えの影響があると見られる。とはいえ、「iPhone SE」を春に発売したにもかかわらず、4040万台という出荷台数はこの7四半期中でもっとも少ない結果だった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約631文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan