帳票管理 日立ソリューションズ

活文 Report Manager:電子帳簿保存法への対応を支援する電子帳票システム

電子帳票システムの「活文 Report Manager」は、帳票データを一元管理、長期保管することができる。帳票と利用者の管理機能、帳票の参照と検索機能、出力と印刷機能を搭載。監査などで必要な時に帳票を指定してデータを検索し、対象となる帳票を迅速に出力できる。

活文Report Managerのポイント

  • 電子帳簿保存法に対応する際の業務システムの改修コスト、リプレース時のデータ移行コストを削減
  • 帳票と利用者の管理機能、帳票の参照と検索機能、出力と印刷機能を搭載
  • 各種業務システムから出力した帳票は自動転送され、帳票の種類と配布先を判別して自動分類して保管

活文Report Managerの製品解説

 日立ソリューションズの「活文Report Manager」(旧:活文 ReportMission)は、帳票データを一元管理、長期保管する電子帳票システムである。国税関係の帳簿書類の電子化を認める「電子帳簿保存法」の要件を満たす上で長期保管が必要になる帳簿データを保管できるため、同法に対応する際の業務システムの改修コストやリプレース時のデータ移行コストを削減する。

編集部おすすめの関連記事

 帳票と利用者の管理機能、帳票の参照と検索機能、出力と印刷機能を搭載。保管した帳簿データを各種帳票とひも付けて管理することにより、監査などで必要な時に帳票を指定してデータを検索し、対象となる帳票を迅速に出力できる。

 各種業務システムから出力した帳票は自動転送され、帳票の種類と配布先を判別して自動分類して、改竄されない形式で保管される。指定期間を経過した帳票を自動的に削除する「自動廃棄」や、同じ種類の帳票に世代番号を付与して保管する「世代管理」などの機能を装備。キャビネット、フォルダ、帳票ごとに参照、削除の権限を付与できる。

 保管している帳票は、専用クライアントソフト、ブラウザ、タブレットから、紙の帳票と同じイメージで参照できる。帳票内の必要なデータを探し出すための各種検索機能や書き込み機能を備える。書き込み機能では、コメントを記載したメモを貼り付けたり、押印のような図形を記載したりするほか、タブレットからのフリーハンドでの書き込みにも対応する。

 帳票データの出力は、CSV形式やPDF形式などの電子ファイルのほか、CD-ROMやDVDなどのメディア、紙への印刷などで行える。定期的に印刷する帳票は、指定した日時に、指定したプリンタで自動印刷できる。

活文Report Managerの簡易検索画面
活文Report Managerの簡易検索画面(日立ソリューションズ提供)
活文 Report Managerのまとめ
用途と機能帳票データを一元管理、長期保管する電子帳票システム
特徴「電子帳簿保存法」の要件を満たすうえで長期保管が必要になる帳簿データを保管できるため、同法に対応する際の業務システムの改修コストやリプレース時のデータ移行コストを削減する
税別価格160万円から
導入企業ニシヤマ、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan