EAI/ESB

PolarisGate:ノンプログラミングでデータ連携が可能なSaaS型EAIツール

SaaS型システム連携(EAI)ツールの「PolarisGate」は、社内外に分散するシステムやサービスが保有するデータを連携、同期、統合する機能を備える。SAPやSalesforceをはじめ、66種類500機能以上のアダプタを用意する。

PolarisGateのポイント

  • 社内外に分散するシステムやサービスが保有するデータを連携、同期、統合する機能を備える
  • SAPやSalesforceをはじめ、66種類500機能以上のアダプタを用意
  • ビジュアル開発環境上のマウス操作だけでデータを連携可能

PolarisGateの製品解説

 双日システムズの「PolarisGate」は、SaaS型のシステム連携(EAI)ツールだ。社内外に分散するシステムやサービスが保有するデータを連携、同期、統合する機能を備える。基幹システムやクラウドサービス間のデータ連携をノンプログラミングで可能するEAIツール「Magic xpi」をAmazon Web Services(AWS)で稼働し、サブスクリプション形式で提供する。

編集部おすすめの関連記事

 SAPやSalesforceをはじめとする主要な業務システムやサービス、各種のデータベース管理システム、HTTPやRESTなどのプロトコルやAPIなどの接続先に対して、合計で66種類500機能以上のアダプタを用意する。

 「データマッパー」と呼ぶビジュアル開発環境の上で、マウスでアダプタを選んで貼り付け、メソッドとプロパティを設定する。その後、アダプタ同士を線で結びつけることでデータを連携させることが可能だ。

 ベースとなっているmagic xpiは、インメモリ技術で処理を高速化していることが特徴。このため、マルチテナント方式で懸念される、他のユーザーの高負荷処理によるレスポンス低下にも柔軟に対応することが可能だとしている。

 基本サービスとして、データを連携、同期、統合する“フロー”を実行、管理する環境を提供する。オプションとして、ユーザー企業が自らフローを作成する環境を提供する「フロー作成環境提供」と双日システムズがフローを代行して作成する「フロー作成代行」がある。

 フロー作成環境提供では、システムを連携させるためのアダプタの選択、データをどのように連携させるかの定義、実行するタイミングの設定をユーザー企業が自ら担う。フロー作成代行では、双日システムズがこれらの作業を代行する。

 課金体系は、同時に実行する処理数に応じて課金する“スレッド数課金”方式。一般的なデータ連携ツールは、処理命令を起動するためのイベントである“トリガー”の数に課金しており、連携先が増えるたびにコストがかかる。

PolarisGateが用意する主なアダプタ
PolarisGateが用意する主なアダプタ
PolarisGateのまとめ
用途と機能SaaS型のEAIツール
特徴社内外に分散するシステムやサービスが保有するデータを連携、同期、統合する機能を備える。合計で66種類500機能以上のアダプタを用意。アダプタがある接続先であれば、ビジュアル開発環境上のマウス操作だけでデータを連携することが可能
税別価格初期費用:30万円、月額利用料金:3万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan