OS 日本マイクロソフト

改めて注意が必要--企業が知っておくべき“サービスとしてのWindows”の意味

Windows 10では「Windows as a Service(WaaS)」という概念のもと、サービスとしてWindowsを提供する。Windows Updateの仕組みやアップグレードのタイミングなど、従来のWindows環境とは大きく異なっている。

 「Windows 10」への無償アップグレードが7月29日に終了し、8月2日には「Windows 10 Anniversary Update」の提供が始まる。今後は、Windows 10のライセンスを購入して、有償でアップグレードする必要がある。詳しくは、前回の記事を参照してほしい。

 ボリュームライセンス契約などでSoftware Assurance(SA)を契約していない企業は、個人利用者と同じ扱いになる。ボリュームライセンス契約を結んでいる企業は、SAの契約期間内であれば、Windows 10へいつでもアップグレードできる。この場合は、7月29日の期限が過ぎても気にせず、社内で十分に検証してからOSを移行できる。

Windows Updateの仕組みが大きく変化

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2715文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]