OS 日本マイクロソフト

改めて注意が必要--企業が知っておくべき“サービスとしてのWindows”の意味

Windows 10では「Windows as a Service(WaaS)」という概念のもと、サービスとしてWindowsを提供する。Windows Updateの仕組みやアップグレードのタイミングなど、従来のWindows環境とは大きく異なっている。

 「Windows 10」への無償アップグレードが7月29日に終了し、8月2日には「Windows 10 Anniversary Update」の提供が始まる。今後は、Windows 10のライセンスを購入して、有償でアップグレードする必要がある。詳しくは、前回の記事を参照してほしい。

 ボリュームライセンス契約などでSoftware Assurance(SA)を契約していない企業は、個人利用者と同じ扱いになる。ボリュームライセンス契約を結んでいる企業は、SAの契約期間内であれば、Windows 10へいつでもアップグレードできる。この場合は、7月29日の期限が過ぎても気にせず、社内で十分に検証してからOSを移行できる。

Windows Updateの仕組みが大きく変化

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2715文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan