OS 日本マイクロソフト

改めて注意が必要--企業が知っておくべき“サービスとしてのWindows”の意味

Windows 10では「Windows as a Service(WaaS)」という概念のもと、サービスとしてWindowsを提供する。Windows Updateの仕組みやアップグレードのタイミングなど、従来のWindows環境とは大きく異なっている。

 「Windows 10」への無償アップグレードが7月29日に終了し、8月2日には「Windows 10 Anniversary Update」の提供が始まる。今後は、Windows 10のライセンスを購入して、有償でアップグレードする必要がある。詳しくは、前回の記事を参照してほしい。

 ボリュームライセンス契約などでSoftware Assurance(SA)を契約していない企業は、個人利用者と同じ扱いになる。ボリュームライセンス契約を結んでいる企業は、SAの契約期間内であれば、Windows 10へいつでもアップグレードできる。この場合は、7月29日の期限が過ぎても気にせず、社内で十分に検証してからOSを移行できる。

Windows Updateの仕組みが大きく変化

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2715文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]