SNS

Works Mobile:「LINE」を応用したビジネスチャットツール--ファイル共有も統合

ビジネスチャットツールの「Works Mobile」は、メール、カレンダー、アドレス帳、ファイル共有などの機能を備える。LINEとほぼ同じインターフェースで、LINEキャラクターのスタンプを利用できる。

Works Mobileのポイント

  • メール、カレンダー、アドレス帳、ファイル共有などの機能をまとめたビジネスチャットツール
  • LINEとほぼ同じインターフェースで、LINEキャラクターのスタンプを利用可能
  • 端末紛失時の遠隔データ消去、NGワードの監視機能、サービス品質保証、アーカイブ機能などを用意

Works Mobileの製品解説

 ワークスモバイルジャパンの「Works Mobile」は、メール、カレンダー、アドレス帳、ファイル共有などの機能をまとめたビジネスチャットツールだ。それぞれを単機能で利用する専用アプリのほか、全機能を統合した専用アプリ「Works Mobile One」を提供する。PC向けのデスクトップアプリケーションも用意する。

編集部おすすめの関連記事

 同社は韓国Works Mobileの日本法人で、Works Mobileは韓国NAVERの子会社。LINEとは兄弟会社に当たり、開発などでも連携しているという。実際、Works Mobileのチャット機能は、LINEとほぼ同じインターフェースを採用している。LINEキャラクターのスタンプを利用可能。メールにスタンプを貼り付けることもできる。

 組織情報に連動するグループトーク機能「チームルーム」も備える。入社や異動、退職といった人事情報の変更があっても自動的に反映される。

 管理者向け機能として、端末紛失時の遠隔データ消去、NGワードの監視機能、サービス品質保証、アーカイブ機能などを用意している。

 利用プランには、チャット、音声や映像での通話、アドレス帳などの基本機能を利用できる「ライト」、ライトの機能に加えてメール、カレンダー、ファイル共有が利用できる「べーシック」、ベーシックの機能に加えてアーカイブが追加されるとともにメールとファイル共有の容量が拡張される「プレミアム」の3種類がある。

Works Mobile Oneの画面
Works Mobileの画面(ワークスモバイルジャパン提供)
Works Mobileのまとめ
用途と機能メール、カレンダー、アドレス帳、ファイル共有などの機能をまとめたビジネスチャットツール
特徴LINEとほぼ同じインターフェースを採用。LINEキャラクターのスタンプを利用可能。メールにスタンプを貼り付けることもできる
税別価格ライト:1ユーザーあたり月額360円(月額プラン)または年額3600円
ベーシック:1ユーザーあたり月額600円(月額プラン)または年額6000円
プレミアム:1ユーザーあたり月額1200円(月額プラン)または年額1万2000円
導入企業サテライトオフィス、コネクシオ、ガリバーインターナショナル、凌芸舎、LINE、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan