メールセキュリティ

TERRACE MAIL Security:メール遮断、誤送信対策などをまとめて提供するメールセキュリティ

TERRACE MAIL Securityのポイント

  • スパムとウイルス専用のフィルタで多段階の検査を実施
  • 履歴学習型のAPT専用フィルタで標的型攻撃メールの遮断とメール無害化が可能
  • 誤送信対策でメールからの情報漏えいを防ぐ

TERRACE MAIL Securityの製品解説

 ダウジャパンの「TERRACE MAIL Security」は、迷惑メールとウイルスメールの遮断機能のほか、高度な標的型攻撃やメール誤送信の対策機能を備えたメールセキュリティだ。アプライアンスまたはソフトウェアで提供する。

編集部おすすめの関連記事

 スパムとウイルス専用のフィルタで多段階の検査を実施。持続的標的型攻撃(APT)に使われるメールの送信者の履歴を学習してメールを遮断したり無害化したりできる。

 APT専用フィルタでは、受信するメールの送信パターンを分析し、受信者に注意喚起の警告を通知。添付ファイルの拡張子偽装を検査して添付ファイルを削除したり、HTMLメールのテキスト化、本文内のURLリンクを無効化したりする。

 メール誤送信対策では、送信メールの「一時保留」「上長承認」「自動暗号化」の機能を搭載。メールからの情報漏えいを防ぐ。さらに、送受信メールのメールデータをリアルタイムで保存し、インデックスを利用したメールデータの検索、復元を可能にする。

 アプライアンスでは、メール流量が1日あたり平均10万通以下のStandard版と、メール流量が1日あたり平均30万通以下のEnterprise版がある。

TERRACE MAIL Securityのまとめ
用途と機能メール遮断機能のほか、高度な標的型攻撃やメール誤送信の対策機能を備えたメールセキュリティ
特徴スパムとウイルス専用のフィルタで多段階の検査を実施。履歴学習型のAPT専用フィルタによる標的型攻撃メールの遮断とメール無害化を可能にする
税別価格Standardモデル:本体価格120万円。Enterpriseモデル:本体価格240万円。いずれもライセンス料金を含む

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan