ミドルウェア

AppSQUARE:点在する業務アプリを集約する基盤システム--部門間のプロセスも設計

「AppSQUARE」は、社内に点在していた業務アプリケーションを1つのプラットフォームに集約できる。部門間をまたがるような業務も「プロセス」として設計でき、プロセスの進行管理や関連部門間の情報共有なども可能だ。

AppSQUAREのポイント

  • 社内に点在していた業務アプリケーションを1つのプラットフォームに集約
  • プロセスの進行管理や関連部門間の情報共有なども可能
  • 表計算ソフトを使わずに情報を入力して関係者が参照できる

AppSQUAREの製品解説

 日立ソリューションズ東日本の「AppSQUARE」は、社内に点在していた業務アプリケーションを集約できる基盤システムだ。部門間をまたがるような業務も「プロセス」として設計でき、プロセスの進行管理や関連部門間の情報共有なども可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 情報共有の項目設計が容易にできるという。複数部門にわたってプロセスが進行するような業務に関して、情報を入力すると業務プロセスに関係する部署で参照できる。情報を一元管理することで業務プロセスを効率化できる。

 社内業務の進行管理と状況確認も可能だ。プロセスの進行状況を随時確認できるので業務改善や効率向上につながる。

 確認や承認段階のプロセスでは、承認に必要な情報のみを表示可能だ。これにより、余計な情報を見る手間や判断ミスが起きる可能性を減らせる。

AppSQUAREのサービス概要
AppSQUAREのサービス概要(日立ソリューションズ東日本提供)
AppSQUAREのまとめ
用途と機能社内に点在していた業務アプリケーションを1つのプラットフォームに集約する基盤システム
特徴部門間をまたがるような業務も「プロセス」として設計でき、プロセスの進行管理や関連部門間の情報共有なども可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan