SNS ナレッジスイート

DiSCUS:GPSの位置情報と連動できるビジネスチャットツール--ボットAPIも用意

ビジネスチャットツールの「DiSCUS」は、GPSを使って位置情報と連動し、現在地や待ち合わせ場所をチャットメンバーに通知したり、移動中の目的地指示に活用したりできる。ボットAPIも用意している。

DiSCUSのポイント

  • 現在地や待ち合わせ場所を通知したり、移動中の目的地指示や端末紛失時の位置特定に活用したりできる
  • チャットボットAPIを用意
  • 端末に重要な情報を蓄積しないため、情報漏えいのリスクを軽減

DiSCUSの製品解説

 ナレッジスイートの「DiSCUS」は、GPSを使って位置情報と連動したビジネスチャットツールだ。現在地や待ち合わせ場所をチャットメンバーに通知したり、移動中の目的地指示やスマートデバイス紛失時の位置特定に活用したりできる。

編集部おすすめの関連記事

 個人向けチャットツール「LINE」と似たユーザーインターフェース(UI)を備える。テキストメッセージや写真、動画、音声、オリジナルスタンプの情報交換が可能だ。

 チャットボットを利用するためのAPIも用意している。営業マンが外出先で次の訪問企業の住所やウェブサイト、ニュースなどの情報をチャットで確認することができる。GitHubが開発したチャットボット開発実行フレームワーク「Hubot」を推奨している。

 端末に情報を蓄積せず、サーバからデータを読み込む仕組みとなっている。端末に重要な情報を蓄積しないため、情報漏えいのリスクを軽減する。

 管理者向けには、エンドユーザーの登録と削除をはじめとして、全てのエンドユーザーの状態を集中管理する機能を提供する。GPSを利用してエンドユーザーの位置情報を地図上で確認することも可能だ。

 ビジネスとプライベートを切り分けるために、業務時間外になると強制的にログアウトする機能も備えている。画像、動画、音声、テキスト、位置情報のログデータを確認、蓄積、エクスポートすることも可能だ。

 マルチテナントのパブリッククラウド型のサービス提供形態に加えて、プライベートクラウド型のサービス、オンプレミス用のパッケージとしても提供している。

DiSCUSの画面例
DiSCUSの画面例(ナレッジスイート提供)
DiSCUSのまとめ
用途と機能GPSを使って位置情報と連動したビジネスチャットツール
特徴現在地や待ち合わせ場所をチャットメンバーに通知したり、移動中の目的地指示やスマートデバイス紛失時の位置特定に活用したりできる。テキストメッセージや写真、動画、音声、オリジナルスタンプの情報交換が可能
税別価格初期費用:3万円、利用料金:1ユーザーあたり月額400円(100ユーザーまで)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan