PC Apple Dell Lenovo ASUS JAPAN

世界PC出荷、第2四半期は6200万台で4.5%減--米国市場の出荷台数は増加に転じる

IDCは、世界PC市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は6236万3000台で、前年同期の6529万6000台に比べ4.5%減だった。

 IDCは、世界PC市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は6236万3000台で、前年同期の6529万6000台に比べ4.5%減。ただし、事前予測の前年同期比7.4%減より約3ポイント好況だった。

 当期は、強いドルと比較的安定した市場に支えられた米国市場が出荷台数の増加に転じ、ほかの地域の減少を埋め合わせした形。

 2016年下半期に向け販売チャネルの在庫状況は改善し、「Windows 10」への無料アップグレードサービスが終了することもあり、今後は既存PCを更新するよりも、PCを新規購入する方向へ変化すると見込まれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約661文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan