PC Apple Dell Lenovo Acer ASUS JAPAN

世界PC出荷、第2四半期は6430万台で5.2%減--状況改善の兆し

ガートナーは、世界PC市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は6429万5000台で、前年同期の6785万1000台に比べ5.2%少なくなった。

 Gartnerは、世界PC市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は6429万5000台で、前年同期の6785万1000台に比べ5.2%少なくなった。これで7四半期連続の減少だが、Gartnerは状況改善の兆しがあるとしている。

 出荷台数が減少した理由について、Gartner主任アナリストのMikako Kitagawa氏は「対ドルで価値の下がった通貨の影響する地域において、PC価格が上昇した」ことを挙げた。ただし、「第1四半期に比べると減少幅は小さくなっており、為替相場の影響が弱まってきているようだ」(同氏)という。

 英国の国民投票でEU離脱(Brexit)派が過半数を獲得したが、第2四半期の世界PC出荷台数に大きな影響はなかった。Gartnerは、Brexitによって先行きは不透明になり、為替相場にとどまらず、欧州を超えて経済全般が見通せなくなると見込む。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約790文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  5. 東京ガスの成功事例に学ぶCX向上術――できることから始めて会員数600%増を実現

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan