無線LAN

新Wi-Fi規格「802.11ac Wave 2」--知っておくべき6つのポイント

新しいWi-Fi規格「802.11ac Wave 2」が先ごろ、「Wi-Fi Alliance」によって承認された。この記事では、押さえておきたいポイントを6つ紹介する。

 Wi-Fi技術の相互運用性を判断する国際的な非営利業界団体「Wi-Fi Alliance」は先ごろ、「802.11ac Wave 2」規格を承認した。新規格では多くの仕様が変更されており、いずれ個人ユーザーと企業ユーザー、双方の日常的なネット接続に影響してくるはずだ。

 この記事では、802.11ac Wave 2で変わった点を6つ紹介する。

1.ギガビットWi-Fiの可能性が開ける

 「Google Fiber」「AT&T GigaPower」「Verizon Fios」といった製品が盛んに宣伝されており、今やギガビットインターネットは注目の的だと言って間違いない。しかし、そのほとんどはケーブルによる有線接続だ。Wave 1規格も、研究室環境ではギガビットのスピードを達成しているが、実際の使用環境ではそこまでの通信速度を出せない

 しかし、Wave 2規格はギガビットWi-Fiへの扉を開く可能性がある。Wave 2では、データ転送のスループットレートに影響するPHY(物理)レートがはるかに大きい。Wave 1のPHYレートは最大1.3Gbpsであるのに対し、Wave 2は2.34 Gbpsまで可能だ。Wave 2のスループットレートが、理論値のPHYレートをたとえ50%下回っても、理論上は1Gbpsを超える。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1712文字 ログインして続きを読んでください。

「無線LAN」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]