無線LAN

新Wi-Fi規格「802.11ac Wave 2」--知っておくべき6つのポイント

新しいWi-Fi規格「802.11ac Wave 2」が先ごろ、「Wi-Fi Alliance」によって承認された。この記事では、押さえておきたいポイントを6つ紹介する。

 Wi-Fi技術の相互運用性を判断する国際的な非営利業界団体「Wi-Fi Alliance」は先ごろ、「802.11ac Wave 2」規格を承認した。新規格では多くの仕様が変更されており、いずれ個人ユーザーと企業ユーザー、双方の日常的なネット接続に影響してくるはずだ。

 この記事では、802.11ac Wave 2で変わった点を6つ紹介する。

1.ギガビットWi-Fiの可能性が開ける

 「Google Fiber」「AT&T GigaPower」「Verizon Fios」といった製品が盛んに宣伝されており、今やギガビットインターネットは注目の的だと言って間違いない。しかし、そのほとんどはケーブルによる有線接続だ。Wave 1規格も、研究室環境ではギガビットのスピードを達成しているが、実際の使用環境ではそこまでの通信速度を出せない

 しかし、Wave 2規格はギガビットWi-Fiへの扉を開く可能性がある。Wave 2では、データ転送のスループットレートに影響するPHY(物理)レートがはるかに大きい。Wave 1のPHYレートは最大1.3Gbpsであるのに対し、Wave 2は2.34 Gbpsまで可能だ。Wave 2のスループットレートが、理論値のPHYレートをたとえ50%下回っても、理論上は1Gbpsを超える。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1712文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]