ウェブ会議 ポリコムジャパン

Polycom RealPresence Clariti:UCに必要な機能をまとめたソフト--Skypeとも連携

ユニファイドコミュニケーション(UC)基盤ソフトウェアの「Polycom RealPresence Clariti」は、音声や映像でのやり取り、資料の共有などの機能を提供。メンバー間の円滑なコミュニケーションを支援する。

Polycom RealPresence Claritiのポイント

  • ユニファイドコミュニケーション(UC)に必要なソフトウェアライセンスを網羅
  • メンバー間の円滑なコミュニケーションを支援し、効率性や生産性を向上
  • 「Skype for Business」などのUCアプリケーションとの接続機能を備える

Polycom RealPresence Claritiの製品解説

 ポリコムジャパンの「Polycom RealPresence Clariti」は、ユニファイドコミュニケーション(UC)とコラボレーションの基盤ソフトウェアだ。高品質の音声、コンテンツ、映像、コラボレーション機能により、メンバー間の円滑なコミュニケーションを支援し、効率性や生産性を向上する。

編集部おすすめの関連記事

 映像、音声、コンテンツのブリッジング、通話制御、コラボレーション、ソフトウェア会議端末、デバイス管理、ファイアウォールトラバーサルなどUCに必要なソフトウェアのライセンスを網羅して提供。デスクトップ用、モバイル用、ブラウザ用のビデオアプリケーションが利用でき、必要に応じて国際標準規格に準拠した端末を追加できる。

 「Skype for Business」などのUCアプリケーションとシームレスに接続する機能を用意。会議室だけでなく遠隔地の利用者も、Microsoft Outlookと統合されたワンタッチ会議機能を使用して会議に参加できる。

 オンプレミス、マネージドサービス、プライベートクラウド、パートナーの提供するホスティングサービスなど、複数の導入モデルで提供する。

 同時に接続するユーザー数に基づく単一の価格モデルを採用。ユーザー数と会議室の端末数を決定し、サブスクリプションライセンスまたは購入ライセンスのいずれかからライセンスモデルを選択する。ライセンス数はいつでも追加可能。

Polycom RealPresence Claritiの利用イメージ
Polycom RealPresence Claritiの利用イメージ(ポリコムジャパン提供)
Polycom RealPresence Claritiのまとめ
用途と機能UCとコラボレーションの基盤ソフトウェア
特徴高品質の音声、コンテンツ、映像、、コラボレーション機能により、メンバー間の円滑なコミュニケーションを支援し、効率性や生産性を向上する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  2. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  3. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  4. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  5. モノのサービス化を支える! ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルを上昇気流に乗せたSPM

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]