ミドルウェア TIS

TEDIOS-II:ネットEDI通信手順に対応したSaaS型EDIサービス--PCI DDSに準拠

TEDIOS-IIのポイント

  • レガシーEDIのほか、各種インターネットEDIの通信手順に対応
  • CPU、メモリ、ディスク、回線など使用するリソース量に応じた定額料金制
  • セキュリティ基準「PCI DSS」に準拠した蓄積データの暗号化などの機能に対応

TEDIOS-IIの製品解説

 TISの「TEDIOS-II」は、SaaS型の電子データ交換(EDI)サービスだ。レガシーEDIのほか、グローバル標準、国内業界標準のさまざまなインターネットEDIの通信手順に対応。取引データ量で課金するのではなく、CPU、メモリ、ディスク、回線など使用するリソース量に応じた定額料金制なので、コストの軽減と平準化が図れる。

編集部おすすめの関連記事

 クレジットカード業界における国際的なセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠した蓄積データの暗号化などの機能に対応。TISのデータセンターでの運用における災害復旧(DR)対応や無停止メンテナンスにより、事業継続のための高可用性を実現する。2020年後半に予定されているISDNサービス「INSネット」終了にも対応できるようになっている。

 基本機能として、基幹システムと各種EDIプロトコルを接続するための「基幹システム連携機能」、基幹システムと各種EDIフォーマットの変換をする「変換機能」、データ通信をする「通信機能」を用意。運用機能として、取引先との各種通信を設定する「マスタ登録機能」や、通信や処理の状況を確認する「状況照会機能」を提供する。

 さらに、通信や処理の状況監視をする「エラー監視機能」、障害時などを通報する「メール通報機能」を装備。オプションとして、マスタ登録の運用代行や、定期バックアップなどEDI環境の運用に必要な各種サービスを用意する。

 データ連携基盤には、データ・アプリケーションが提供するEDIパッケージ製品「ACMSシリーズ」の最上位モデル「ACMS Apex」を採用。セゾン情報システムズが提供する「HULFT-WebConnect」をオプションで利用することで、大容量のファイルを安全に転送できる。

TEDIOS-IIのサービスイメージ
TEDIOS-IIのサービスイメージ(TIS提供)
TEDIOS-IIのまとめ
用途と機能SaaS型のEDIサービス
特徴レガシーEDIのほか、グローバル標準、国内業界標準のさまざまなインターネットEDIの通信手順に対応。取引データ量で課金するのではなく、CPU、メモリ、ディスク、回線など使用するリソース量に応じた定額料金制なので、コストの軽減と平準化が図れる
税別価格初期費用:200万円から。月額利用料:45万円から
導入企業三愛石油、三菱自動車工業、など

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan