アクセス管理 NEC

NeoFace Monitor:顔認証でPCにログインするセキュリティシステム

「NeoFace Monitor」は、顔検出と顔照合エンジン「NeoFace」をベースに認証用途に最適化した。PCに内蔵のウェブカメラに顔をかざせば、ログオンとユーザー認証が可能。未登録のユーザーによる不正利用を防止できる。

NeoFace Monitorのポイント

  • 顔認証でPCにログインできるようにするセキュリティシステム
  • 複数の担当者でPCやアカウントを共有しても利用履歴を残せる
  • PC内蔵や市販のウェブカメラが使用でき、導入費用を抑えられる

NeoFace Monitorの製品解説

 NECの「NeoFace Monitor」は、顔認証でPCにログインできるようにするセキュリティシステムだ。顔検出と顔照合エンジン「NeoFace」をベースに認証用途に最適化したもので、高精度で高速なログオン認証を可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 ログオン中のユーザーを常時、顔認証で確認し、離席時は自動的に画面をロックする。未登録のユーザーによる不正利用を防止。認証NG時は顔画像ログも記録する。

 あらかじめ登録した利用者の顔画像を蓄積したサーバと連携することで、顔をPC画面にかざせばログオンとユーザー認証が可能になる。複数の担当者が1つのPC端末やアカウントを共有する場合でも、顔認証により各人を正確に認証でき、誰がいつPCを利用したかの利用履歴を残すこともできる。

 Active Directoryと連携し、運用設定から認証ログの管理など、他システムと連携した統合運用管理が可能だ。オフライン環境での運用にも対応しており、外出時やネットワーク障害が発生した際にも、顔認証を利用できる。

 顔認証に利用するカメラは、PC内蔵のものや市販のウェブカメラが使用できるため、初期導入費用を抑えられるという。

NeoFace Monitorの利用イメージ
NeoFace Monitorの利用イメージ(NEC提供)
NeoFace Monitorのまとめ
用途と機能顔認証でPCにログインできるようにするセキュリティシステム
特徴顔検出と顔照合エンジン「NeoFace」をベースに認証用途に最適化したもので、高精度で高速なログオン認証を可能にする
税別価格クライアント用は1ライセンスあたり1万5000円、認証サーバ用は1ライセンスあたり12万6000円
導入企業福島県広野町、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan