勤怠管理・労務管理

AKASHI:シンプルなUIを採用したクラウド型勤怠管理サービス

クラウド型勤怠管理サービスの「AKASHI」は、PCやタブレット、スマートフォンで外出先でも打刻できる。従業員の打刻などの時間を削減したり勤怠実績の確認の手間を省いたりして、給与計算までの作業を効率化する。

AKASHIのポイント

  • PC、タブレット、スマートフォンを使って外出先でも打刻できる
  • 打刻や申請にかかる時間を削減、自動で集計作業して給与計算までの作業を効率化
  • メールや電話のほか、チャット形式でベンダーに問い合わせが可能

AKASHIの製品解説

 ソニーネットワークコミュニケーションズの「AKASHI」は、シンプルなデザインで簡単に管理ができるクラウド型勤怠管理サービスである。打刻には、PC、タブレット、スマートフォンを使用。外出先でも打刻できる。カード打刻を利用する際には、専用機が別途必要となる。

編集部おすすめの関連記事

 直感的に操作可能なユーザーインターフェース(UI)を採用することにより、従業員の打刻、申請にかかる時間や、管理者による勤怠実績の確認、アラートにかかる時間を削減。自動で集計作業するので、給与計算までの作業を効率化する。

 管理者はメールや電話のほか、チャット形式でベンダーに問い合わせが可能。操作方法が分からなくなったページからチャットで問い合わせをすると、コンタクトセンター担当者はどのページから問い合わせをしてきているのかが分かるのでスムーズな応対が可能になる。

 勤怠の打刻と勤務時間の集計ができる「タイムレコーダー」プランと、勤怠の打刻や集計、休暇などの申請のほか、打刻漏れなどのアラート機能が付属する「スタンダード」プランがある。いずれもデータ保存期間は3年で、給与計算用のCSV出力が可能。

AKASHIの利用イメージ
AKASHIの利用イメージ(ソニーネットワークコミュニケーションズ提供)
AKASHIのまとめ
用途と機能シンプルなデザインで簡単に管理ができるクラウド型勤怠管理サービス
特徴直感的に操作可能なユーザーインターフェース(UI)を採用することにより、従業員の打刻、申請にかかる時間や、管理者による勤怠実績の確認、アラートにかかる時間を削減。自動で集計作業するので、給与計算までの作業を効率化する
税別価格初期費用は無料。「タイムレコーダー」が1人あたり月額200円、「スタンダード」が1人あたり月額300円、など(10人以下の場合でも10人分の料金が必要。11人以上では1人単位の追加料金)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan