OS Microsoft

「Windows 10」へのアップグレード--導入したくなる5つの理由

「Windows 7」「Windows 8」ユーザーを対象とする無料の「Windows 10」アップグレードサービスが終わろうとしている今こそ、アップグレードすべき理由を5つ挙げよう。

(編集部注:「Windows 10」へのアップグレードを避けたくなる理由を紹介する記事を7月25日に公開しています。あわせてご覧ください)

 「Windows 7」「Windows 8」ユーザーを対象とする無料の「Windows 10」アップグレードサービスが終わるまで1カ月を切った。今こそWindows 10へスイッチすべきタイミングかと迷っている読者もいるだろう。

 評価の低いWindows 10の機能を警戒しているかもしれないが、Windows 10を選ぶ根拠はある。ここでは、とりわけアップグレードしたくなる理由を5つ挙げてみた。

1. 新機能

 Windows 10の新機能を評価しない人はいるものの、これまでのWindowsより多機能なことは間違いない。

 Windows 10には、仮想アシスタントの「Cortana」、顔認証でWindowsにログオンできる「Windows Hello」、新ウェブブラウザ「Edge」といった新機能が搭載され、電子ペンのサポートが改善された。そして、Windows 8同様、「Windows Defender」の形でウイルス対策機能が統合されている

残り本文:約2631文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan