マーケティング

Flow-Cockpit:Wi-Fiを利用した店舗向け行動解析サービス--来店頻度を自動集計

店舗向け行動解析サービスの「Flow-Cockpit」は、来店客に負担をかけたり、現場スタッフに余計な作業を強いたりすることなく、顧客の来店行動を定量的に集計。スマートフォンのWi-Fiセンサを利用する。

Flow-Cockpitのポイント

  • Wi-Fiを利用した店舗向け行動解析サービス
  • 顧客の来店行動を定量的に集計、店舗や施設内での顧客の動きや推移を分析
  • 認知心理学に基づいた数字の表現方法やレイアウト組みを採用

Flow-Cockpitの製品解説

 バディネットトリノ・ガーデンが開発、販売する「Flow-Cockpit」は、Wi-Fiを利用した店舗向け行動解析サービスだ。Wi-Fiを用いることで、来店客に負担をかけたり、現場スタッフに余計な作業を強いたりすることなく、顧客の来店行動を定量的に集計。店舗や施設の中での顧客の動きや推移を分析できる。

編集部おすすめの関連記事

 来店客のスマートフォンをWi-Fiセンサにより検知し、リピーター率や来店回数、頻度、店内滞在時間、店内での動きなどのデータを自動測定して解析。期間データの集計のほか、各種情報をリアルタイムでダッシュボードに表示する。

 サービス業では一般的に、「リピーター率」と「来店頻度(年何回の来店、前回来店からの経過日数)」は、現在の店舗の状況を判断し、今後の売り上げを先読みする主要評価指標(KPI)となっている。Flow-Cockpitを用いることで、これらのデータを自動で収集、集計できる。

 ダッシュボード表示には、店舗運営やオペレーション改善に対して実績があるトリノ・ガーデンの認知心理学に基づいた数字の表現方法やレイアウト組みを採用。店舗スタッフや本部スタッフは、「店舗のどこに課題があるのか」「業績改善に直結するポイントはどこか」が直感的に分かるという。

ダッシュボードイメージ
ダッシュボードイメージ(バディネット、トリノ・ガーデン提供)
Flow-Cockpitのまとめ
用途と機能Wi-Fiを利用した店舗向け行動解析サービス
特徴Wi-Fiを用いることで、来店客に負担をかけたり、現場スタッフに余計な作業を強いたりすることなく、顧客の来店行動を定量的に集計。店舗や施設の中での顧客の動きや推移を分析できる
税別価格基本パッケージのStandardが導入費用20万円から、月額利用料は見積もり

「マーケティング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]