データ分析

ビッグデータを扱い始めるのに役立つツール7製品

今日、多くの企業が1つの大きな問題に取り組んでいる。それは、自社にあるデータをどう管理できるかという問題だ。データの収集は容易だが、ビッグデータの分析と理解はより複雑だ。ここでは、ビッグデータを扱い始めるにあたり役立ちそうなツール7製品を紹介する。

 今日、多くの企業が1つの大きな問題に取り組んでいる。それは、自社にあるデータをどう管理できるかという問題だ。データの収集は容易だが、ビッグデータの分析と理解はより複雑だ。

 そこにある内部データは、表やデータベースの構造型データかもしれないし、メタデータや電子メールのテキストのような非構造型データかもしれない。ソーシャルメディアデータ、ウェアラブルなどのIoTから収集されたデータ、ウェブトラフィックからのデータがあるが、枚挙にいとまがない。そして「ビッグデータ」がある。ビッグデータは、ある事象の全体像を把握するためのあらゆる要素が絡み合ってまとまりとなったスイートスポットだ。

 皆さんの組織は、ソリューションを得るのに苦労していないだろうか? さまざまなツールが利用可能でその多くは無料だが、決断を下す前にさまざまな選択肢を試してみる価値はある。また、大きく複雑なデータセットの管理が可能なソリューションを見つける価値もある。

残り本文:約2037文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]