ERP オロ

Reforma PSA:“わずらわしい”間接業務を自動化するクラウドサービス

「Reforma PSA」は、請求支払業務、プロジェクト管理、工数管理、経費精算、ワークフロー、顧客管理、管理会計などの間接業務を自動化する。管理会計が自動化されることで経営判断の情報をリアルタイムに把握できる。

Reforma PSAのポイント

  • プロジェクト管理を中心に工数管理や経費精算、顧客管理、管理会計などの間接業務を自動化する
  • 現場で入力すると経理担当者の結果確認だけで住む
  • 管理会計が自動化されることで経営判断の情報をリアルタイムに把握できる

Reforma PSAの製品解説

 オロの「Reforma PSA」は、請求支払業務、プロジェクト管理、工数管理、経費精算、ワークフロー、顧客管理、管理会計などの間接業務を自動化するクラウドサービスだ。間接業務の自動化により、軽減されたリソースを再配置できる。システム構築やウェブ制作、コンサルティングなどのプロジェクト中心ビジネスに特化している。

編集部おすすめの関連記事

 プロジェクトを管理し、見積書や請求書の発行と債権の管理を可能にする。勤怠、経費、稼働工数も自動で管理でき、売り上げ、利益、外注費、間接費はリアルタイムで見える化できる。手作業は、従業員のデータ入力と、経理担当者による結果の処理だけだ。

 プロジェクト管理を支援する機能もある。アラート機能により、プロジェクトの引合管理や請求漏れや仕入先への支払忘れを防げる。労務費や経費を含めた仕掛計算やプロジェクトごとの管理会計を自動化し、経営判断のための情報をリアルタイムに閲覧こともできる。

 ライセンスには、販売、購買、勤怠、経費のほかに、セキュリティオプションがある。利用したい機能を組み合わせて導入する形だ。

Reforma PSAの概念図
Reforma PSAの概念図(オロ提供)
Reforma PSA<のまとめ
用途と機能間接業務を自動化するクラウドサービス
特徴請求支払業務、プロジェクト管理、工数管理、経費精算、ワークフロー、顧客管理、管理会計などの機能を備える
税別価格販売ライセンスは1人あたり月額6000円、購買ライセンスは2000円、勤怠ライセンス、経費ライセンス、セキュリティオプションはそれぞれ300円
導入企業ニュース・サービス・センター、クリエイティブアローズ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  3. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  4. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  5. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]