文書管理

NotePM:日報やマニュアルなどを共有できる文書管理サービス--MarkDownにも対応

クラウド型文書管理システムの「NotePM」は、日報、議事録、マニュアル、ノウハウ集などのまとまったドキュメントを社内やチームで情報共有できる。MarkDownでも記述でき、変更履歴も見られる。

NotePMのポイント

  • 日報、議事録、ノウハウ集などを情報共有できる。MarkDownも活用可能
  • 文書情報をツリー構造表示するため、PCと同じ操作感で使える
  • 「Slack」「HipChat」「ChatWork」と連携して利用することも可能

NotePMの製品解説

 プロジェクト・モードの「NotePM」は、クラウド型の文書管理システムだ。日報、議事録、マニュアル、ノウハウ集などのまとまったドキュメントを社内やチームで情報共有できる。

編集部おすすめの関連記事

 文書情報はツリー構造で表示するため、普段使っているクライアントPCと同じ操作感で使いこなせる。そのためエンドユーザーのトレーニングは不要だ。

 既存のファイルサーバのようにWordやExcel、PowerPointなどのファイルを共有できる。加えて、HTMLのように文章を見やすく表示できる、軽量マークアップ言語であるMarkDownを使って、情報を共有できる。情報の変更履歴もいつでも見られるようにもなっている。

 複数人での利用を想定したさまざまな機能がある。同時にページ更新した際に、自動的にマージできるほか、チャットサービス「Slack」「HipChat」「ChatWork」と連携して利用することも可能だ。

 Amazon Web Services(AWS)のデータセンターを利用している。全てのデータは適時バックアップしており、全データをいつでもエクスポート可能だ。全ての通信はSSLを用いて暗号化している。

NotePMのまとめ
用途と機能クラウド型の文書管理システム
特徴日報、議事録、マニュアル、ノウハウ集などのまとまったドキュメントを社内やチームで情報共有できる
税別価格STARTERは月額1000円で3ユーザー、BASICは月額3600円で8ユーザー、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan