文書管理

NotePM:日報やマニュアルなどを共有できる文書管理サービス--MarkDownにも対応

クラウド型文書管理システムの「NotePM」は、日報、議事録、マニュアル、ノウハウ集などのまとまったドキュメントを社内やチームで情報共有できる。MarkDownでも記述でき、変更履歴も見られる。

NotePMのポイント

  • 日報、議事録、ノウハウ集などを情報共有できる。MarkDownも活用可能
  • 文書情報をツリー構造表示するため、PCと同じ操作感で使える
  • 「Slack」「HipChat」「ChatWork」と連携して利用することも可能

NotePMの製品解説

 プロジェクト・モードの「NotePM」は、クラウド型の文書管理システムだ。日報、議事録、マニュアル、ノウハウ集などのまとまったドキュメントを社内やチームで情報共有できる。

編集部おすすめの関連記事

 文書情報はツリー構造で表示するため、普段使っているクライアントPCと同じ操作感で使いこなせる。そのためエンドユーザーのトレーニングは不要だ。

 既存のファイルサーバのようにWordやExcel、PowerPointなどのファイルを共有できる。加えて、HTMLのように文章を見やすく表示できる、軽量マークアップ言語であるMarkDownを使って、情報を共有できる。情報の変更履歴もいつでも見られるようにもなっている。

 複数人での利用を想定したさまざまな機能がある。同時にページ更新した際に、自動的にマージできるほか、チャットサービス「Slack」「HipChat」「ChatWork」と連携して利用することも可能だ。

 Amazon Web Services(AWS)のデータセンターを利用している。全てのデータは適時バックアップしており、全データをいつでもエクスポート可能だ。全ての通信はSSLを用いて暗号化している。

NotePMのまとめ
用途と機能クラウド型の文書管理システム
特徴日報、議事録、マニュアル、ノウハウ集などのまとまったドキュメントを社内やチームで情報共有できる
税別価格STARTERは月額1000円で3ユーザー、BASICは月額3600円で8ユーザー、など

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]