コールセンター・コンタクトセンター インタラクティブ・インテリジェンス

PureCloud:コンタクトセンターにも使えるコラボツール--リアルタイムを重視

クラウド型コラボレーションツールの「PureCloud」は、リアルタイムコラボレーションからコンタクトセンター向けまで幅広い機能を備えている。用途に応じて3種類から選べる。

PureCloudのポイント

  • クラウド型の企業向けコラボレーションツール
  • 「Collaborate」「Communicate」「Engage」の3種類がある
  • インスタントメッセージ、ビデオ会議、グループチャット、ファイル共有、文書管理などの機能を備える

PureCloudの製品解説

 インタラクティブ・インテリジェンスの「PureCloud」は、クラウド型の企業向けコラボレーションツールだ。リアルタイムコラボレーションツールの「Collaborate」、IP電話サービスの「Communicate」、コンタクトセンター向けの「Engage」の3種類がある。

編集部おすすめの関連記事

 Collaborateは無償で利用できる。インスタントメッセージ、ビデオ会議、グループチャット、ファイル共有、文書管理などの機能を備える。ストレージは1Tバイトまで利用可能だ。

 Communicateは、Collaborateの上位版で、IPベースの構内交換機(IP-PBX)サービス、ファクス受信、電話会議、通話録音、ユニファイドメッセージングなどの機能を追加している。

 Engageは、コンタクトセンター向けの機能を多く備えており、マルチチャネルルーティング、自動音声応答(IVR)、レポート、顧客関係管理(CRM)システム連携などがある。Engageは機能によって利用料金の異なる3つのタイプがある。

PureCloudの画面
PureCloudの画面(インタラクティブ・インテリジェンス提供)
PureCloudのまとめ
用途と機能クラウド型の企業向けコラボレーションツール
特徴リアルタイムコラボレーションツールの「Collaborate」、IP電話サービスの「Communicate」、コンタクトセンター向けの「Engage」の3種類がある
税別価格Collaborateは無料、Communicateは1ユーザーあたり月額2399円、Engageは1ユーザーあたり月額8399円
導入企業バンダイ、アスクル、など

「コールセンター・コンタクトセンター」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]