BPM アシストマイクロ

BP Director:複雑な業務プロセスに対応するBPMツール--既存の帳票を電子化

ビジネスプロセス管理(BPM)ツールの「BP Director」は、ワークフロー管理に加え、並行で進めるプロジェクトやタスクの管理など、複雑な業務プロセスに対応する。

BP Directorのポイント

  • 複雑な業務プロセスに対応するビジネスプロセス管理(BPM)ツール
  • ワークフロー管理に加え、並行で進めるプロジェクトやタスクの管理などに対応
  • レポーティング、モニタリング、将来予測分析、監査証跡などの機能がある

BP Directorの製品解説

 アシストマイクロの「BP Director」は、ワークフロー管理に加え、並行で進めるプロジェクトやタスクの管理など、複雑な業務プロセスに対応するビジネスプロセス管理(BPM)ツールだ。レポーティング、モニタリング、将来予測分析、監査証跡などの機能がある。

編集部おすすめの関連記事

 既存の帳票をブラウザで入力できる電子フォームにすることで、業務の流れをワークフローとして管理できる。誰が何の処理をしているのか把握でき、入力した内容の集計や分析が可能だ。

 管理したい業務プロセスの設定は、ブラウザでアイコンをドラッグ&ドロップして配置するだけで行える。現行の業務の流れを再現でき、業務を進める担当者も、選択するだけで指定できる。

 複数部門がそれぞれ独立したタスクを進めるような並行業務の管理は、ワークフロー形式に加え、時間軸をベースとした「ガントチャート形式」でも可能だ。期日まで余裕のある業務や、遅延する可能性の高い業務が一目で分かる。

既存帳票の電子フォーム化
既存帳票の電子フォーム化(アシストマイクロ提供)
BP Directorのまとめ
用途と機能複雑な業務プロセスに対応できるBPMツール
特徴ワークフロー管理に加え、並行で進めるプロジェクトやタスクの管理などに対応。レポーティング、モニタリング、将来予測分析、監査証跡などの機能がある
税別価格BP Director Cloud Editionは1ユーザーあたり月額7500円、BP Director Private Cloud Editionはユーザー数無制限で月額21万円から
導入企業中央労働金庫、MIC Risk Solutions、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan