ERP

機械メーカーのCKD、基幹系システムを「SAP S/4HANA」で全面刷新

自動機械装置と機能機器の総合メーカーであるCKDは、統合基幹業務システム(ERP)を全面刷新。会計、販売、購買、在庫、生産の各領域をカバーする新システムを6月から導入開始した。

 自動機械装置と機能機器の総合メーカーであるCKDは、統合基幹業務システム(ERP)を全面刷新。会計、販売、購買、在庫、生産の各領域をカバーする新システムを6月から導入開始した。2017年4月から会計部分の稼働を始め、それに続いて販売、購買、在庫、生産の各領域を順次稼働させる計画。SAPジャパンが7月15日に発表した。

 CKDは1943年に日本航空電機として設立され、真空管製造装置や蛍光灯製造装置などの自動機械装置の開発、設計、製造からスタートした。創立から70年を超える現在、自動機械装置140商品群、空気圧機器、流体制御機器などの機能機器7000商品群、50万アイテムを揃えるに至っている。

残り本文:約801文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan