プロジェクト管理

Clarizen:プロジェクトのスケジュールや進捗、リソースを一元管理するSaaS

「Clarizen」は、プロジェクト管理に関する機能を幅広く提供する。スケジュールや進捗の管理に加えて、プロジェクトに関する各種のリソースやコストを追跡して管理できる。

Clarizenのポイント

  • プロジェクトに関する各種リソースやコストを追跡して管理できる
  • 予算、リソース、作業負荷をプロジェクト間で調整可能
  • 時間あたりの人件費を役割別、ユーザー別に設定する機能を備える

Clarizenの製品解説

 クラリゼン・ジャパンの「Clarizen」は、プロジェクト管理に関する機能を幅広く提供するSaaSだ。月単位で契約できるので、期間限定のプロジェクトでも利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 スケジュールや進捗(しんちょく)の管理に加えて、プロジェクトに関する各種のリソースやコストを追跡して管理できることが特徴だ。中核となる機能は以下の通り。

プロジェクトプランニング

 プロジェクトポートフォリオを管理する機能を備える。プロジェクトの追加や変更などの全ての要求を一元管理しているので、使用できる予算、リソース、作業負荷をプロジェクト間で調整することが可能だ。それぞれの要求に対してスコアを割り当て、緊急性に基づいて優先度を付ける機能を備えている。

予算と経費の管理

 全ての経費を社員別、部署別、タスク別、作業項目別に追跡調査して、プロジェクトごとの経費を最新の状態に維持する。時間あたりの人件費を役割別、ユーザー別に設定する機能も備えている。

変更要求と問題の管理

 全ての変更要求や問題を追跡調査する機能。要求や問題ごとに詳細な情報(要求したユーザー、説明、優先度、タイムフレーム、関連するメール、注記、添付ファイル)を管理する。

 エディションタイプには、基本プランである「エンタープライズ」、企業の要件にあわせてビジネスルールを無制限にカスタマイズできる「無限定」、Salesforceと連携する機能を備えた「Clarizen Salesforce」の3種類がある。

Clarizenの利用イメージ
Clarizenの利用イメージ(クラリゼン・ジャパン提供)
Clarizenのまとめ
用途と機能プロジェクト管理に関する機能を幅広く提供するSaaS
特徴プロジェクトに関する各種のリソースやコストを追跡して管理できる
税別価格エンタープライズ:1ユーザーあたり月額5400円、無限定:1ユーザーあたり月額7200円、Clarizen Salesforce:1ユーザーあたり月額1万2000円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan