CRM テクマトリックス

FastHelp5:多経路の対応履歴を一元管理できるコンタクトセンター向けCRMシステム

コンタクトセンター向けCRMシステムの「FastHelp5」は、コンタクトセンターに集まる顧客情報と、コンタクト履歴を一元管理する。どのような経路で顧客が接触してきても、過去の応対を引き継げる仕組みとなっている。

FastHelp5のポイント

  • コンタクトセンターに集まる顧客情報と、コンタクト履歴を一元管理
  • どのような経路で顧客が接触してきても、過去の応対を引き継げる
  • CTIやファクス連携、電話やメールでのアウトバウンド業務にもオプション対応

FastHelp5の製品解説

 テクマトリックスの「FastHelp5」は、コンタクトセンター向け顧客関係管理(CRM)システムだ。ブラウザから利用できるため、クライアントPCにソフトウェアをインストールする必要はない。SaaS版「FastCloud」も提供する。

編集部おすすめの関連記事

 電話やメール、ファクス、ウェブサイト、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などを経由してコンタクトセンターに集まる顧客情報と、コンタクト履歴を一元管理する。どのような経路で顧客が接触してきても、過去の応対を引き継げる仕組みとなっている。

 顧客からの問い合わせに対して、社内の他部門にコールをエスカレーションする機能も備えている。元のコールに対する子コールを作成する仕組みで、一連の関連を単一のケースとして管理する。子コールから孫コール、孫コールからひ孫コールの作成も可能。

 スーパーバイザー向けには、メールの外部送信前の内容確認、未対応コールの経過時間表示、オペレーター稼動状況のリアルタイム監視などの機能を提供する。

 オプションとして、コンピュータ電話統合(CTI)やファクスとの連携、電話やメールでのアウトバウンド業務対応、良くある質問とその回答(FAQ)をウェブに公開するための機能などを提供する。

 SaaSのFastCloudは、ライセンス形態が席数あたりの従量料金で、月単位での席数の増減が可能。繁忙期や閑散期にあわせて契約内容を変更できる。

FastHelp5が提供する機能
FastHelp5が提供する機能(テクマトリックス提供)
FastCloudのまとめ
用途と機能コンタクトセンター向けCRMシステム
特徴コンタクトセンターに集まる顧客情報と、コンタクト履歴を一元管理。どのような経路で顧客が接触してきても、過去の応対を引き継げる仕組みとなっている
動作環境サーバOS:Windows Server 2012、Red Hat Enterprise Linux 6.x、CentOS 6.x
データベース:Oracle Database 12c、PostgreSQL 9.x
導入企業三菱電機、ブロードリーフ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan