マーケティング マーケティングオートメーション SFA イノベーション

第2回:ニーズがないアプローチ先へのテレアポの非効率を解消する

テレアポは新規顧客を開拓する有効な手法だが、顧客のタイミングをつかまないままやみくもにしても非効率な手段になってしまう。今回はテレアポの非効率をどう解消するかを解説する。

第1回に戻る

普段の「テレアポ」にも非効率が存在

 一般的に法人営業において、「テレフォンアポイントメント(テレアポ)」という言葉から皆さんはどのような活動を想像するでしょうか。人によって差はあると思いますが、「一方的な売り込み」のようなネガティブな印象を受ける方も少なくないのではないでしょうか。

 今回の記事では、無作為な対象に対してひたすら電話でアプローチするようなテレアポだけではなく、過去に名刺交換した方や商談した方に、一定期間経過後に行うような電話アプローチも、テレアポとして捉えて考えたいと思います。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3000文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan