SNS

ビジネス向けチャットツール「Slack」--大学の講義にも有用

「Slack」は、大学の教室において対話を促し、「Google Docs」などのウェブ対応コラボレーションツールを補完してくれる。大学での活用例を紹介しよう。

 筆者は、非営利団体と政府機関におけるIT活用方法を学生に紹介するための講義を、ある大学で担当している。そして、人気の高い企業向けビジネス用メッセージングツール「Slack」が大学の教室でも役立つと、この仕事を通じて学んだ。

 学生達には、社会に出てから実際に使うであろうソフトウェアツールを講義の際に使ってみるよう求めている。そのため、筆者は講義で「Blackboard」などおなじみの学習管理システム(LMS)を使わない。LMSは教師の仕事を楽にしてくれるだろうが、学生の立場で考えると、将来このツールを仕事で使うのは教壇に立つ者だけだ(ただし、筆者は成績表はBlackboardに投入している)。

 講義は、シラバス(学習計画)、講義内容、プロジェクト、対話という情報処理の4本柱で構成される。2016年初めの段階で、筆者は「Wordpress」、Slack、各種Google製アプリの組み合わせを試してみた。シラバスにはWordpressを使ったが、そのほかの作業では、GoogleのDocs、「Sheets」「Slides」「Drawings」「Maps」「YouTube」や、「Quip」「MindMeister」「Padlet」「Penflip」など、学期中さまざまなツールを利用した。

 Slackの設定は簡単だった。無料アカウントでサインアップし、講義用チームに参加するよう学生を招待しただけだ。出席者の少ないクラスだったので、各学生の名前とメールアドレスは手入力した。この作業は、学生の名前を覚えるのに役立ったと思う。

残り本文:約2239文字 ログインして続きを読んでください。

「SNS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]