会計ソフト Kyriba

Excel主流の財務管理が直面するリスク--「Excel=低コスト」が成り立たない理由

Excelは財務や資金を管理するのに一番コストを抑えられるツールだと考えられがちだ。しかしながら、さまざまなリスクを考えると、必ずしもそうとは限らない。Excel主流の財務管理が直面するリスクを解説する。

グローバル財務部門が直面するリスクとは

 米Kyribaが英コーポレート・トレジャラー協会(Association of Corporate Treasurers:ADC)と共同で実施したアンケート調査では、昨今の財務が直面しているリスクに触れました。

 今後の増加が見込まれるリスク要因は、(1)為替リスク、(2)銀行などのカウンターパーティーリスク、(3)マクロ経済学的リスクなど、外部要因が主な懸念点として挙げられました。ここ数年の世界的な金融危機、信用危機は記憶に新しいでしょう。

 しかし、各企業が感じた「リスク」は、どのようなプラットフォームで財務や資金を管理していたかに影響されています。特に、「Microsoft Excel」などの表計算ソフトで全ての財務管理をしている企業と、財務管理システム(Treasury Management System:TMS)や統合基幹業務システム(ERP)の財務管理モジュールを導入している企業とでは、リスクを感じる要因が異なりました。

財務管理担当者のアンケート結果

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1283文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan