経費精算・旅費精算

ネクストICカード:かざすだけで申請できる交通費精算クラウド--不正請求も防止

「ネクストICカード」は、交通系ICカードをICリーダー機能を備えたタブレットや端末にかざすだけで、経路や料金をシステムに読み込ませて精算申請できる。申請したい経路を選択して申請ボタンをクリックすれば申請が完了する。

ネクストICカードのポイント

  • 交通系ICカードシステムに読み込ませて精算申請できる
  • 不正請求やルート間違い、定期区間内の控除忘れによる過剰請求を防げる
  • タイムレコード機能と経費精算機能をオプション提供

ネクストICカードの製品解説

 ジオコードの「ネクストICカード」は、交通費精算と経費精算のクラウドサービスだ。従業員は交通系ICカードを、ICリーダー機能を備えたタブレットや端末にかざすだけで、経路や料金をシステムに読み込ませて精算申請できる。

編集部おすすめの関連記事

 交通費精算にかかる作業の自動化により従業員の業務効率を向上。さらに、不正請求やルート間違い、定期区間内の控除忘れによる過剰請求を防ぐことで、コスト削減を実現する。

 交通費を申請する従業員(申請者)が交通系ICカードを端末にタッチさせると、自動的に交通費情報をクラウド上に送信。種別、日付、出発地、到着地、金額が、申請者向け管理画面に表示されるので、申請したい経路を選択して申請ボタンをクリックすれば申請が完了する。交通費精算申請書をプリントアウトすることも可能。

 承認者向けの管理画面では、対象社員と年月を選択し、表示されたデータを確認して承認ボタンをクリックすれば承認が完了する。管理画面には自分が管理対象とするメンバーだけが表示される。

 決裁者(経理担当者)向け画面では、交通費申請が発生している従業員を一覧画面から確認し、申請内容に不備や不足がないかどうかを確認する。不備があった場合は申請者に差し戻せる。集計した交通費データはCSV形式でエクスポートできる。

 オプションとして、タイムレコード(勤怠管理)機能と経費精算機能を提供する。タイムレコード機能では、交通費精算も日々の出退勤時に同時に読み込むので、都度の読み取りが不要になる。経費精算機能は、科目名を事前に登録することが可能で、管理画面から承認申請ができる。

ネクストICカードの申請者向け管理画面
ネクストICカードの申請者向け管理画面(ジオコード提供)
ネクストICカードのまとめ
用途と機能交通費精算と経費精算のクラウドサービス
特徴従業員は交通系ICカードを、ICリーダー機能を備えたタブレットや端末にかざすだけで、経路や料金をシステムに読み込ませて精算申請できる
税別価格サービス利用料金:月額1万円から。ユーザー利用料:1人あたり月額400円
導入企業ブレイク・フィールド、バリュークリエーション、ホットライン、KANKO、ピリカインターナショナル、日之出出版、ジェイック、LifeDesign、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan