電話・FAX 帳票管理 ネクスウェイ

FNX e-帳票FAXサービス:発注書などを自動でファクス送信するクラウドサービス

「FNX e-帳票FAXサービス」は、発注書や納期回答書、支払通知書などの帳票を取引先へ自動でファクス送信する。既存の業務システムと連携できる。プロトコルは全銀TCP/IP、SMTP、FTP、HTTP、SOAPに対応する。

FNX e-帳票FAXサービスのポイント

  • 発注書や納期回答書、支払通知書などの帳票を取引先へ自動でファクス送信
  • データは分割して並行処理、大量の送信にも対応
  • 対応プロトコルは全銀TCP/IP、SMTP、FTP、HTTP、SOAP

FNX e-帳票FAXサービスの製品解説

 ネクスウェイの「FNX e-帳票FAXサービス」は、発注書や納期回答書、支払通知書などの帳票を取引先へ自動でファクス送信するクラウドサービスだ。加入料はない。テキスト入力タイプのスタンダードブランドで月額の税別基本料金は1万円、税別利用料はファクス1枚あたり35枚の従量課金。

編集部おすすめの関連記事

 CSVとTSV形式のデータを入力してサービス側で帳票を作成する方法と、PDFとTIFF形式の帳票イメージデータを送信する2種類の方式がある。受け付けたデータは分割して並行処理するため、高速かつ大量の送信が可能だ。

 オープン系システム、オフコン、ホストシステム、統合基幹業務システム(ERP)、EDIシステム、帳票システムなどと連携可能である。全銀TCP/IP、SMTP、FTP、HTTP、SOAPの各プロトコルにも対応する。

 送達状況の確認と届かなかった場合の再送信などの処理のために、データ、メール、ファクス、ウェブ管理画面など、さまざまな送達管理と再送信方法を選択できる。

FNX e-帳票FAXサービスのイメージ図
FNX e-帳票FAXサービスのイメージ図(ネクスウェイ提供)
FNX e-帳票FAXサービスのまとめ
用途と機能発注書や納期回答書、支払通知書などの帳票を取引先へ自動でファクス送信するクラウドサービス
特徴ファクスサーバの構築やモデム、回線などの準備は不要。CSVとTSV形式のデータを入力してサービス側で帳票を作成する方法と、PDFとTIFF形式の帳票イメージデータを送信する2種類の方式がある
税別価格テキスト入力形式のスタンダードプランの場合、基本料金は月額1万円。ファクス出力料金は1枚35円から
導入企業ラコステ ジャパン、トリンプ・インターナショナル・ジャパン、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]