購買管理 大興電子通信

EdiGate/POST:企業間の受発注を効率化するクラウド型EDIサービス

クラウド型EDIサービスの「EdiGate/POST」は、受発注情報を電子化して発注先と仕入れ先のやり取りを効率化する。ウェブで納期を回答、照会するとともに仕入れ先の送受信も確認できる。

EdiGate/POSTのポイント

  • 受発注情報の電子データ交換(EDI)を可能にするクラウドサービス
  • ウェブで納期を回答、照会し、仕入れ先の送受信を確認
  • 仕入先との注文書発行業務のコスト削減や納期確認作業を軽減し、リードタイムを短縮

EdiGate/POSTの製品解説

 大興電子通信の「EdiGate/POST」は、受発注情報の電子データ交換(EDI)を可能にするクラウドサービスだ。企業間でやり取りされる注文書や請求書などのビジネス文書を電子化し、インターネット経由で配信する。

編集部おすすめの関連記事

 利用企業ごとに専用ウェブページを用意し、そこでデータやファイルをやり取りする。見積依頼書や注文書、納品書、検収一覧表など、標準的な帳票を用意しており、発注企業が帳票のデータをアップロードすると、PDF形式の帳票を作成する仕組みである。

 既存の業務システムとAPI連携することも可能だ。データを配信した仕入れ先に「お知らせメール」を送信する仕組みも備える。仕入れ先がデータを送信した場合には、発注企業に通知が送られる。

 発注企業の注文に対して、納期を回答できる機能も備える。仕入れ先が納期を入力すると、発注企業は納期回答を照会できる。図面などのデータなどの大容量ファイルを交換することも可能。未登録の仕入れ先に対しても、一時的にデータを送信できる。

 専用ウェブページには掲示板が用意されている。発注企業が仕入れ先に向けて、メンテナンス日時や営業時間変更などのお知らせを掲載できる。

 管理機能では、エンドユーザーの操作履歴を確認可能となっている。オプションとして、帳票のファクス送信機能や、ミスミの注文サイト「WOS(Web Order System)」との連携機能を提供する。

EdiGate/POSTの概念図
EdiGate/POSTの概念図(大興電子通信提供)
EdiGate/POSTのまとめ
用途と機能受発注情報のEDIを可能にするクラウドサービス
特徴企業間でやり取りされる注文書や請求書などのビジネス文書を電子化し、インターネット経由で配信する。見積依頼書や注文書、納品書、検収一覧表など、標準的な帳票を用意しており、発注企業が帳票のデータをアップロードすると、PDF形式の帳票を作成する仕組み
導入企業 パラマウントベッド、エイチワン、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan