購買管理 大興電子通信

EdiGate/POST:企業間の受発注を効率化するクラウド型EDIサービス

クラウド型EDIサービスの「EdiGate/POST」は、受発注情報を電子化して発注先と仕入れ先のやり取りを効率化する。ウェブで納期を回答、照会するとともに仕入れ先の送受信も確認できる。

EdiGate/POSTのポイント

  • 受発注情報の電子データ交換(EDI)を可能にするクラウドサービス
  • ウェブで納期を回答、照会し、仕入れ先の送受信を確認
  • 仕入先との注文書発行業務のコスト削減や納期確認作業を軽減し、リードタイムを短縮

EdiGate/POSTの製品解説

 大興電子通信の「EdiGate/POST」は、受発注情報の電子データ交換(EDI)を可能にするクラウドサービスだ。企業間でやり取りされる注文書や請求書などのビジネス文書を電子化し、インターネット経由で配信する。

編集部おすすめの関連記事

 利用企業ごとに専用ウェブページを用意し、そこでデータやファイルをやり取りする。見積依頼書や注文書、納品書、検収一覧表など、標準的な帳票を用意しており、発注企業が帳票のデータをアップロードすると、PDF形式の帳票を作成する仕組みである。

 既存の業務システムとAPI連携することも可能だ。データを配信した仕入れ先に「お知らせメール」を送信する仕組みも備える。仕入れ先がデータを送信した場合には、発注企業に通知が送られる。

 発注企業の注文に対して、納期を回答できる機能も備える。仕入れ先が納期を入力すると、発注企業は納期回答を照会できる。図面などのデータなどの大容量ファイルを交換することも可能。未登録の仕入れ先に対しても、一時的にデータを送信できる。

 専用ウェブページには掲示板が用意されている。発注企業が仕入れ先に向けて、メンテナンス日時や営業時間変更などのお知らせを掲載できる。

 管理機能では、エンドユーザーの操作履歴を確認可能となっている。オプションとして、帳票のファクス送信機能や、ミスミの注文サイト「WOS(Web Order System)」との連携機能を提供する。

EdiGate/POSTの概念図
EdiGate/POSTの概念図(大興電子通信提供)
EdiGate/POSTのまとめ
用途と機能受発注情報のEDIを可能にするクラウドサービス
特徴企業間でやり取りされる注文書や請求書などのビジネス文書を電子化し、インターネット経由で配信する。見積依頼書や注文書、納品書、検収一覧表など、標準的な帳票を用意しており、発注企業が帳票のデータをアップロードすると、PDF形式の帳票を作成する仕組み
導入企業 パラマウントベッド、エイチワン、など

「購買管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]