コールセンター・コンタクトセンター

INNOVERA Inbound:IP電話と顧客管理を融合させたコールセンターシステム

クラウド型コールセンターシステムの「INNOVERA Inbound」は、顧客管理を融合させ、電話をかけてきた顧客情報を画面にポップアップ表示する。顧客情報の閲覧、記入に利用するフォームはカスタマイズできる。

INNOVERA Inboundのポイント

  • IP電話と顧客管理を融合させたクラウド型のコールセンター
  • 顧客情報の閲覧、入力フォームはカスタマイズが可能
  • ささやき機能によってオペレーターに指示を出すことも可能

INNOVERA Inboundの製品解説

 プロディライトの「INNOVERA Inbound」は、IP電話と顧客管理を融合させたクラウド型のコールセンターシステムだ。電話で問い合わせがあった際には、顧客情報を画面にポップアップ表示する。

編集部おすすめの関連記事

 顧客情報を閲覧、記入するためのフォームはカスタマイズが可能だ。ラジオボタン、チェックボックス、プルダウン、テキストボックス、テキストエリアから選択して、自由に設定できる。

 コールセンターでの利用を想定したさまざまな機能がある。通話履歴を音声で確認したり、CSV形式でエクスポートしたりして分析できる。オプションの自動音声応答(IVR)機能は、電話の開始時や終了時に自動音声ガイダンスを流し、ダイヤル操作で対応するといったことが可能だ。

 顧客に対応しているオペレーターの声をリアルタイムにモニタリングでき、ささやき機能によって指示を出すことも可能だ。クラウドサービスのため遠隔地でもモニタリングできる。

INNOVERA Inboundの画面イメージ
INNOVERA Inboundの画面イメージ(プロディライト提供)
INNOVERA Inboundのまとめ
用途と機能IP電話と顧客管理を融合させたクラウド型のコールセンターシステム
特徴電話で問い合わせがあった際には、顧客情報を画面にポップアップ表示する。顧客情報を閲覧、記入するためのフォームはカスタマイズが可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan