電話・FAX

AUTO帳票:帳票類を取引先ごとにファクスやメールで送信するクラウドサービス

「AUTO帳票」は、帳票類を取引先ごとにファクスやメールで自動的に送信する。データ形式や内容、連携システムに応じて2種類からサービスを選べる。

AUTO帳票のポイント

  • 帳票類を取引先ごとにファクスやメールで自動的に送信
  • データ形式や内容、連携システムに応じて2種類からサービスを選べる
  • ファクスが不達の場合には再送を指示できる

AUTO帳票の製品解説

 日本テレネットの「AUTO帳票」は、帳票類を取引先ごとにファクスやメールで自動的に送信するクラウドサービスだ。CSVやExcel形式のファイルを受け取って定型フォームの文書に変換して送信する「AUTO帳票Custom」と、文書ファイルをイメージデータに変換して送信する「AUTO帳票Direct」の2種類がある。どちらも1時間あたり2000枚送信可能。

編集部おすすめの関連記事

 AUTO帳票Customは、ユーザー企業が設定した帳票フォーマットにテキストデータを流し込み、自動的にファクスで一括配信する。送信先へはファクスだけではなくメール送信も可能。ロゴマークやバーコード印字にも対応する。数字からグラフへ変換する機能も備えている。全銀TCP/IP手順やメールのSMTP、FTP、HTTPSに対応する。

 AUTO帳票Directは、イメージファイルをメールやウェブAPI経由で添付して送るだけで、簡単に帳票をファクス送信できる。Word、Excel、PowerPoint、PDF、TIFF、テキストファイルなどのファイル形式に対応する。SMTPとFTPをサポートし、ウェブのAPIに対応予定。

 いずれのサービスでも、顧客ごとに専用の管理画面を提供。AUTO帳票Directでは、ここで宛先や送信する文書などを指定するほか、帳票の送信履歴を管理する。先方のファクスが使用中などで不達の場合には再送を指示できる。

AUTO帳票の仕組み
AUTO帳票の仕組み(日本テレネット提供)
AUTO帳票のまとめ
用途と機能帳票類を取引先ごとにファクスやメールで自動的に送信するクラウドサービス
特徴CSVやExcel形式のファイルを受け取って定型フォームの文書に変換して送信する「AUTO帳票Custom」と、文書ファイルをイメージデータに変換して送信する「AUTO帳票Direct」の2種類がある

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan