OS PC 日本マイクロソフト

無償期間終了で駆け込み導入が増える?--「Windows 10」移行計画を考える

「Windows 10」への無償アップグレードが7月29日に終了する。法人ユーザーがどのタイミングで移行すべきなのか、移行する計画をどのように進めていくべきなのかを考えてみる。

 「Windows 10」への無償アップグレードは、強制的ではないかと一部で混乱する場面などがあったが徐々に浸透してきている。その無償アップグレードが7月29日に終了するのに伴い、法人ユーザーがどのタイミングでWindows 10へ移行すべきかを考える。

Windows XPのドタバタを繰り返さない

 「Windows 7」と「Windows 8.1」がバンドルされたクライアントPCをそのまま利用している企業は、無償期間内にアップグレードすることをお勧めする。

 8月以降はWindows 10の新規パッケージを購入してアップグレードすることになる。多くの企業では、Windows 7 ProfessionalあるいはWindows 8.1 Proを使っているため、Windows 10 Proへと有償アップグレードするには、Microsoft Storeの税込価格で2万7864円の費用がかかる。ちなみに、Windows 10 Homeの税込価格は1万9008円となっている。

Windows 10には、アップグレードの優待パッケージが存在しない。新規パッケージを購入する必要がある
Windows 10には、アップグレードの優待パッケージが存在しない。新規パッケージを購入する必要がある(Microsoft Storeの画面)
Windowsのアップグレード対応図
Windowsのアップグレード対応図(Microsoft提供)

 Windows 10への無料アップグレードを1年間提供したため、Microsoftではアップグレードのための優待パッケージを提供する予定はない。そのため、無償アップグレードの終了後は新規パッケージを購入しなくてはならない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2374文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan