BPM

BPEC Project:業務プロセスを可視化して阻害要因を特定できるBPMツール

ビジネスプロセス管理(BPM)ツールの「BPEC Project」は、独自の手法で業務プロセスを可視化して、業務効率の改善を目指す。業務の負荷やスキルレベルなどを自動で集計して、阻害要因を特定する。

BPEC Projectのポイント

  • 独自開発の業務改善手法「BPEC」で利用するBPMツール
  • 作業負荷やスキル、コスト、属人性などのリソースを分析
  • 業務の阻害要因を特定し、PDCAサイクルを回していく

BPEC Projectの製品解説

 BPデザイナーズの「BPEC Project」は、独自開発の業務改善手法「BPEC(Business Process Engineering Cycle)」で利用するビジネスプロセス管理(BPM)ツールだ。業務プロセスを「見える化」して、それぞれで要する作業負荷やスキル、コスト、属人性などのリソースを分析。業務効率を向上させる阻害要因となっているプロセスを特定し、業務フローを作成した上でPDCAサイクルを回していく。

編集部おすすめの関連記事

 ツールのメイン画面は、BPEC手法で進める業務の見える化のナビゲーション画面となっている。プロジェクトの進捗にあわせて、順番にボタンをクリックしていくことでプロジェクトを進められる。プロジェクトの手順が定型化されていることに加えて、作業に必要なフォーマットも用意されている。業務改善や業務調査といった作業に不慣れでも使いこなせる。企業横断で共通に存在する業務のテンプレートを搭載している。

 業務分析では、業務の負荷や業務のスキルレベルといった情報を自動で集計し、グラフや表を作成。データの集計や報告用のレポート作成にかかる工数を削減し、対象部門から業務調査票を回収後、すぐに結果を確認できる。

 具体的な機能は次の通りだ。

  1. 業務構造図作成:業務一覧から自動でツリー状の構造図を作成
  2. 業務量調査票作成:業務構造図から調査票を作成
  3. 業務量調査票集計:業務量調査票から業務量のデータベースを作成
  4. フィードバックシート作成:調査対象部門に対する入力内容チェックのためのシートを作成
  5. 業務負荷分析グラフ作成:業務量データベースから業務負荷グラフを作成
  6. 業務スキルレベル分析グラフ作成:業務量データベースから業務スキルグラフを作成
  7. 業務スキルレベル分析グラフ作成:業務量データベースから属人業務を集計した表を作成
  8. 業務コスト集計表作成:集計メンバーの人件費コストを設定することで、業務ごとのコスト集計表を作成
  9. 業務マトリクス表作成:対象部門におけるメンバーの業務割り振り表を作成
業務抽出のイメージ
業務抽出のイメージ(BPデザイナーズ提供)
BPEC Projectのまとめ
用途と機能独自開発の業務改善手法「BPEC」で利用するBPMツール
特徴さまざまな業種と業務に対応したテンプレートを提供することで、ツールの指示通りに作業を進めれば業務改善プロジェクトを推進できる
税別価格BPECキット:88万円
※BPEC Projectのライセンス、業務テンプレート(1件)、BPECヘルプデスク(3カ月間)、BPEC保守(1年間)、障害対応、バージョンアップ、BPEC導入研修(1人)を含む

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan