SDN/ネットワーク仮想化

ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)導入に必要な10の知識

ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)導入は初期段階にあり、メリットを得るにはいろいろと難しい舵取りが必要だ。

 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の目的は、現在のストレージと仮想サーバがそうであるように、ネットワークを動的かつ機動的に運用することだ。この機動性は、ネットワークハードウェア層の上に、ネットワーク管理者によるトラフィックルーティング用のビジネスルールの定義が可能なソフトウェアを組み合わせて実現させる。この構成により、管理者はルータなどのハードウェアにソフトウェア経由でトラフィック調整ルールを設定でき、ハードウェアの設定を手作業で変える必要がなくなる。

 ほとんどの組織にとって、SDNはまだ新しい観念的なものだ。ネットワークを仮想化するSDNの可能性は魅力的だが、実現させるには、多数存在するさまざまなベンダーのハードウェアをすべてSDNソフトウェアの管理下で動かさなければならない。この作業は仮想サーバやストレージの構築より難易度が高く、SDN導入を複雑化させている。

 それでは、SDN計画時には何を検討したらよいのだろうか。留意すべき重要な10項目を解説しよう。

残り本文:約2678文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan