SDN/ネットワーク仮想化

ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)導入に必要な10の知識

ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)導入は初期段階にあり、メリットを得るにはいろいろと難しい舵取りが必要だ。

 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の目的は、現在のストレージと仮想サーバがそうであるように、ネットワークを動的かつ機動的に運用することだ。この機動性は、ネットワークハードウェア層の上に、ネットワーク管理者によるトラフィックルーティング用のビジネスルールの定義が可能なソフトウェアを組み合わせて実現させる。この構成により、管理者はルータなどのハードウェアにソフトウェア経由でトラフィック調整ルールを設定でき、ハードウェアの設定を手作業で変える必要がなくなる。

 ほとんどの組織にとって、SDNはまだ新しい観念的なものだ。ネットワークを仮想化するSDNの可能性は魅力的だが、実現させるには、多数存在するさまざまなベンダーのハードウェアをすべてSDNソフトウェアの管理下で動かさなければならない。この作業は仮想サーバやストレージの構築より難易度が高く、SDN導入を複雑化させている。

 それでは、SDN計画時には何を検討したらよいのだろうか。留意すべき重要な10項目を解説しよう。

残り本文:約2678文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. 自社の「働き方改革」の取り組みに不満がある社員は47.1%!最新調査結果に見る日本企業が抱える課題
  4. 知らぬ間に増えた業務システムと「巨大Excel」--停滞要因を一掃で生産性が倍増!【事例】
  5. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]