会計ソフト

決算書の見方を正しく理解していますか?--理解しておきたい決算書の見方の基礎

決算書とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表のことである。3つの書類をあわせて、一般的には「財務三表」と呼ばれる。今回は「財務三表」の各書類の見方を解説する。

 決算書とは、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」などの財務諸表のことです。

 財務諸表は、企業の経営や財務の状態を正確に把握するために作られる書類ですが、慣れないうちは見方が分かりづらいかもしれません。コツさえつかめれば会社の経営状況が把握できるようになるので、ここでは決算書の見方やその活用法などを解説します。

決算書とは

 決算書とは、その企業の経営や財務の状態を示す財務諸表のことです。主な財務諸表には、以下のような書類があります。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • キャッシュフロー計算書

 この3つの書類をあわせて、一般的には「財務三表」といいます。そのほかに、決算書には株主資本等変動計画書もあります。

決算書は何のために作成するのか

 企業の経営や財務の状態が分かる決算書は、以下のようなときに必要となります。

  • 税務署に企業の確定申告をするとき
  • 金融機関が企業への融資審査を行うとき
  • 企業を取り巻く利害関係者が対象企業の経営状態を判断するとき
  • 企業の出資者(株主)と経営陣が異なる場合、経営陣が出資者に提供された資金の運用状況を報告するとき

 それでは、企業の経営状況、経営分析をするという視点から、決算書でもある財務三表の各書類の見方を解説しましょう。

編集部おすすめの関連記事

貸借対照表の見方

 貸借対照表は、企業の会計期間における資金調達の状況を示す書類です。

貸借対照表の例
貸借対照表の例

 資産の部で「どのようにお金を使ったか」という資金運用の状況、負債の部で「どのようにそのお金を集めたか」という資金調達の状況が示されています。

 さらに、資産から負債を差し引いた純資産の部が返済義務のない資本となります。

 企業の経営分析という視点からの貸借対照表の見方において、重要なのは、資産、負債、純資産のバランスです。資金を調達できてもうまく運用しなくては、企業として収益を生み出せないからです。

 例えば、事業活動による支払手形や買掛金、金融機関からの借入金などの「他人資本による調達」と、投資家からの株式発行といった「自己資金による調達」のバランス、流動資産や固定資産への投資といった資金運用のバランスなどをチェックしましょう。

 数字に大幅な偏りがある場合には、不良債権がそのままになっていたり、資金繰りが難しくなっていたりする可能性があるため注意が必要です。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]