会計ソフト

決算書の見方を正しく理解していますか?--理解しておきたい決算書の見方の基礎

決算書とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表のことである。3つの書類をあわせて、一般的には「財務三表」と呼ばれる。今回は「財務三表」の各書類の見方を解説する。

 キャッシュフロー計算書の見方において重要なのは、3つのキャッシュフローのバランスです。その点を踏まえると、企業の経営状態は以下の8パターンに分類されます。

 各活動において、キャッシュがプラスになっている場合は「+」、マイナスになっている場合は「-」と示します。

  • 優良企業タイプ(営業+:投資-:財務-)
  • 成長戦略を歩む企業タイプ(営業+:投資-:財務+)本業での利益は出ていながら、借入金などで現金の増加が見られるため、ベンチャー企業など比較的できて間もない企業が該当
  • 事業転換を図るタイプ(営業+:投資+:財務+)本業での利益だけでなく、借入金や資産の売買などで現金の増加見られるため、事業の転換を図っている企業などが該当
  • 事業内容を検討しているタイプ(営業-:投資-:財務-)本業で利益が出せていないにも関わらず、投資が行え、借入金の返済などもできているということから、過去の実績はあるが主力事業が低調である企業が該当
  • 再建途上タイプ(営業-:投資-:財務+)本業での利益は見込めていないが、借入金によって投資を行っている様子が伺えるなどから、再建途上の企業に該当
  • ダウンサイジング型(営業+:投資+:財務-)営業利益は出ていながらも、資産の売却などを行っており、それによって借入金の返済などをしている様子が伺えるなど、不採算事業があり事業縮小を図っている企業が該当
  • やや注意すべきタイプ(営業-:投資+:財務-)営業利益がいないが、借入金の返済をしている点からも、資産の売却を行っていることが見えてきており、金融機関からの融資が途絶えた可能性がある企業が該当
  • 要注意なタイプ(営業-:投資+:財務+)営業利益が出ておらず、資産の売却を行って、なおかつ借入金も入れているという点から、当面の資金繰りが難しいと思われる企業が該当
  •  このように、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書という財務三表と呼ばれる決算書は、企業の経営や財務の状況を把握するために、とても重要な書類です。

     それぞれの決算書の見方を学び、正しい経営分析ができるようになりましょう。

    ※本記事は「MFクラウド公式ブログ」からの転載です。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]